« 手術 | トップページ | 退院 »

2016年4月24日 (日)

術後

4月22日。普通に目が覚めたが、多少の違和感あり。することがないのでノートパソコン持ち込みで時間つぶし。もっぱら音楽鑑賞専用である。ネットが使えないので興味半減だが仕方ない。本を一冊読んだ。伊坂幸太郎の「陽気なギャングは三つ数えろ」である。伊坂幸太郎はいつ読んでも笑ってしまう。一日で一冊読み終えるのは入院と言う環境ならではだ。 4月23日。入院して思ったが、たかが一人の手術のために、担当医師以外に昼夜の看護師、栄養士、麻酔担当、食事の配膳、部屋の清掃、事務職員、その他見えないところでも、食事を作る人、病理担当など大勢の関係者が携わっていただいていることを改めて知った。熊本では医師が不足していると言うのに申し訳ない話だ。今日も本を一冊読んだ。斎藤茂太著「老いへのケジメ」である。私も、もっとモノを減らし、未練も断ち切りスッキリしなければと反省。

« 手術 | トップページ | 退院 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手術 | トップページ | 退院 »