« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

執行猶予

覚せい剤取締法違反の清原和博被告に懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決が出た。ファンや一般人は、更生してまたメディア復帰を期待しているが、薬物から抜け出すのは並大抵の努力では難しそうだ。週刊文春やフライデー他マスコミは静かに見守ってあげて欲しいと思うのだが、そうは行くまい。ところでASKAは今どこで何をしているのだろう。凡人はついそんなことが気になる。

2016年5月30日 (月)

白黒シルバー

毎日車に乗っているが、なぜ日本車の色は白か黒かシルバーが多いのだろうか?そういう私も今は黒の軽、その前はグレーのコンパクトカーであった。基本的に日本人は保守的で世間体を重視する。赤・青・緑・黄色はご近所や職場で目立ってしまう。目立ちたい人ならそれで良いが結果的には無難な色を選ぶ。特に高級車は白・黒・シルバーがあきらかに多い。白黒シルバーが多いので、当然赤・青・緑・黄色は、下取査定が低くなる。しかも汚れが目立つ。また派手な色は飽きが来る。それでもテレビでアクション映画を観ていると、明らかにカラフルな車が登場する。白・黒・シルバーは「わびさび」の墨絵の世界だ。でもやはり味気ない。

http://blog.goo.ne.jp/kenny195

洋楽イロイロおやじがウロウロ

2016年5月29日 (日)

セルフスタンド

今日、車のガソリンがなくなりそうで、いつものガソリンスタンドに行ったら休業で、仕方なく近所のセルフのスタンドに行った。恥ずかしながら、私はセルフのスタンドでガソリンを入れた経験がなく、スタッフに教えてもらいながら、少しだけ注油した。おそらくスタッフの人は「世話のやけるじじいだ」と思っていたかもわからないが、親切丁寧に教えてくれた。一度経験すると今後は出来そうだ。いつも行くスタンドは暇な時は、たかが軽自動車に20L程度給油するのに3~4名のスタッフが出てきて窓を拭いたりしてくれて恐縮する。セルフで一人静かに給油する方が私にはあっている。

2016年5月28日 (土)

夏野菜

今年は今のところ夏野菜が順調に育っている。ナスの紫、ピーマンの白、キュウリやトマトの黄など花がきれいに咲いている。昨日収穫したタマネギは相変わらず追肥の失敗で「小玉タマネギ」になってしまってがっかりだが味はやはり新鮮だ。スナップエンドウも順調に収穫できている。来週はジャガイモを掘る予定だ。年齢と体力を考え家庭菜園の規模を少し縮小したが、育つと楽しいものだ。

Dsc_0179

Dsc_0180




2016年5月27日 (金)

広島訪問

アメリカのオバマ大統領が岩国の米軍基地経由で広島を訪問した。アメリカの現職大統領が広島を訪問するのは歴史上初めてである。被害者とか加害者とか言うレベルの話を超越して、戦争の愚かさと悲惨さを共有できた事は大変意義深い。広島訪問を決断し実行したオバマ大統領に敬意を表したいし、苦しみを乗り越えて大統領を心から歓迎する被災者代表の姿にも感銘を受けた。G7は大した成果はなかったようだが、オバマ大統領の広島訪問は2016年重大ニュースの一つになることは間違いない。

2016年5月26日 (木)

主要

主要7か国G7首脳会議、伊勢志摩サミットが始まった。フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ、そして日本。なぜこれら7か国が「主要」なのだろう?ロシア、中国とはあまりお友達になりたくないが、ある意味主要国だ。アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国は戦争に勝ったというだけで大きな顔をしている国連常任理事国でP5と呼ばれる。アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮は核兵器を持っているので他国を恫喝できるという点で危険なK9?サミットで各国の利害が衝突し、大きな成果も期待できないし警備や会場準備に膨大な税金が投入され、単なるセレモニーで終わるのかも?別に主要国でなくてもいいのに?「しゅよう」で漢字変換したら「腫瘍」になってしまった。

2016年5月25日 (水)

匿名

インターネットの世界は「匿名」だから、ばれない。ばれないから書き込みも益々エスカレートする。ところがちょっとしたヒントで匿名のはずが、書いた人が特定され、ひどい書き込みをした人は、非難が集まり、「炎上」する。いまや猫も杓子もTwitterやFacebookを利用しているが、個人情報がばれないように注意しても、誰かがしゃべったりして、どこかからホコロビが出て、個人が特定されてしまう恐ろしさがある。      自分は匿名のつもりでも、それはバレバレだと思っておいた方が間違いない。現実社会であってもネット社会であっても、基本は、嘘をついてはいけない。非難中傷はしてはいけない。他人の情報をペラペラしゃべってはいけないのだ。おしゃべりな人は古今東西必ずいる。「ここだけの話」と言って秘密をしゃべりまくる人はネットであろうがなかろうが要注意だ。

2016年5月24日 (火)

札幌ドーム

2004年、日本ハムファイターズは本拠地を東京ドームから札幌ドームに移転し、地域密着球団として成功して今日に至っているが、札幌市が経営する球場に莫大な金額を払うくらいなら、自前で球場を作った方が経営もうまく行くと考え、新球場を建設し、本拠地を移転する事を検討しているそうだ。この球場はサッカーワールドカップを考慮して4万人以上収容でき、今はサッカーのコンサドーレとプロ野球の日ハムが本拠地にしているが、野球の試合を考えると4万人収容は大きすぎる。もう少しコンパクトな球場で経営したほうが効率は良い。スケールの大きな構想なので今後の進展が楽しみだし、札幌ドームだって、プロ野球がなくなると経営は大ピンチになるのは必定。さて結末はいかに?

2016年5月23日 (月)

春風亭翔太

日曜日の笑点は司会者桂歌丸の最後の出演となり、テレビの視聴率も高かったようだ。注目はその後任。三遊亭円楽が本命だったが、一番経験の浅い春風亭翔太が推薦され、あたりから想定外のどよめきがあった。司会者を含め7名のメンバーはそれぞれの派閥と言うかグループがある。桂歌丸、三遊亭小遊三、春風亭翔太は「落語芸術協会」、林家木久扇、林家たい平は「落語協会」、三遊亭好楽と三遊亭円楽は「円楽一門会」である。今回「落語芸術協会」の歌丸が抜けたのだから同じグループから司会者を出そうとする。年齢的には小遊三であるが、この人は回答者としてユニークで面白いので司会者にするのはもったいない?したがって司会者は翔太となったと思う。あとは回答者としての翔太が抜けた後任を誰にするか?派閥力学で考えると「落語芸術協会」の春風亭柳太郎か「円楽一門会」の三遊亭愛楽か、長らく空席だった立川一門の復活で立川生志か立川談春か?5月29日生放送で発表されるそうだ。笑点メンバーになると落語家としてのギャラが跳ね上がるので当事者たちは戦々恐々ハラハラドキドキであろう。それにしても、出演者たちが人選を決めるというのも奇妙な番組だ。

2016年5月22日 (日)

KITTE

昨日親族の結婚式で東京まで行ってきた。過去に私たちが経験したような結婚式とは全く違い、時代の流れを感じた。親族写真も型にはまらないリラックスした撮影で、披露宴のはじまりがド派手で、友人、親族などの歌や踊りなど一切なく、本人たちが育ってきた写真やこだわりの品が会場中心に展示され、手作り感漂う、披露宴であった。来賓挨拶と乾杯の発声まで45分も費やしたのは興ざめであったが、料理も素晴らしく、ホテルのきめ細かいサービスはさすが一流ホテルの面目躍如であった。結婚式の前に時間があったので東京丸の内駅前の郵便局を大改造した商業施設「KITTE」に行った。ここの窓から東京駅が良く見えて絶好の写真撮影スポットだった。花のお江戸に行くことはもうないだろう。チョッとした観光気分だった。

Dsc_0105


2016年5月21日 (土)

みょうが

家紋と言えば思い出すのが水戸黄門で格さんが出すの葵の紋の印籠である。この紋所が目に入らぬか。ここにおわす御方を、どなたと心得る。こちらにおわすは、先の副将軍、水戸光圀公であらせられるぞ。頭が高い。控えおろう。・・・で悪人どもがひれ伏す。江戸時代徳川家の家紋は権威の象徴だった。先日我が家の家紋はどんなだったか調べる事になり、そんな事は特に興味もなく親から一言も聞いていなかったのでどうやって調べようか考えた末、両親の遺品を探してみた。そうしたら着物の下の方から家紋入りの風呂敷?が出てきた。これだ!これが家紋だ!茗荷を抱くようなデザインであった。ネットで調べて正式名称もわかった。ちなみになぜ茗荷なのか?茗荷は「みょうが」と読むがこの響きが「冥加」に通じることから、神仏の加護が得られる縁起の良い紋として、神社や寺などで用いられることが多かったそうだ。

2016年5月20日 (金)

民進党ロゴ

民進党のロゴマークが決まった。全国公募で集まった3676件から4案に絞ったうえで関係者の投票でA案で決まったそうだ。オリンピックと違って世間の関心も低く、興味もないので、肉まんあんまんの井村屋のロゴと似ているとの指摘もあったが、盗作疑惑まで発展しないだろう。問題は主義主張の違う党の合流でどうやって党運営をして行くのかが問題だ。選挙後、またまた党の再編があるかもしれない。

0021377898

上が民進党4案

下が井村屋のロゴ


Img01

2016年5月19日 (木)

エキュート

先日の手術後の経過観察と診断を受けたが、とりあえず悪性ではなくて良かった。これで一安心。土曜日の東京での親族の結婚式には普通に参加できそうだ。ただせっかく東京までゆっくのに日帰りではもったいない気はするが、まあ仕方ない。土産物を買うのも楽しみだが礼服など衣装を抱えてあまりあちらこちら買い回るのは無理そうなのでとりあえずは改札内で済まそうと思うが、エキュート?グランスタ?セントラルストリート?駅構内で迷子で遭難しそうだ。花のお江戸へ「オノボリサン」である。

2016年5月18日 (水)

清原和博

17日、雨の中、わずか20席の傍聴整理券を求め3769人の希望者が集まったとか。倍率は約188倍。覚せい剤取締法違反に問われた元プロ野球選手の清原和博被告の初公判が東京地裁で行われた。情状証人が桑田真澄氏ではなく野球評論家の佐々木主浩氏と言うのもちょっと複雑だ。正直に話して、謙虚に反省し、心身共に元気になって社会復帰して欲しい。清原ファンだった人も決して見捨てないと思う。それにしてもこの人は波乱万丈の人生を歩んでいる。

2016年5月17日 (火)

コンパクトカー

軽自動車の税金が上がってから、データはとっていないがコンパクトカーが良く売れているような気がする。トヨタのアクア・ヴィッツ・パッソ、ホンダのフィット、日産のノート、マツダのデミオ、スズキのスウィフトなど良く見かける。燃費は安い方がいいが、軽では物足りない、しかも本体価格は軽と大差ないコンパクトカーは私も欲しい。私も健康寿命がもはや10年未満であろうと思う。人生最後の贅沢?この秋あたり、自分が運転する車をコンパクトカーの中から物色中である。

2016年5月16日 (月)

東京ご臨終

東京オリンピックメイン会場の設計やエンブレム選考のゴタゴタに引き続き、舛添東京都知事の公私混同した金の使い方が暴露され、「ばれたから返金する」と言うわけのわからない説明でますます疑いが深まり、もはや知事としての賞味期限切れ。今度は東京五輪招致委員会が2億円を超えるコンサルタント料と言う名の賄賂を贈ったことがばれた。2020年の東京オリンピックはもはや呪われた大会。「テロと大地震のリスクがある」とかいう理由で今から辞退すれば?どうせ日本は財政破たん寸前の、世界の信用を失った国。いまさら失うものはない。東京ご臨終である。

2016年5月15日 (日)

関本昌平

関本昌平さんのピアノリサイタルに行った。ベートーベン・プロコフィエフ・ショパンなどの演奏を聴いた。関本さんは大阪出身、岐阜県在住の31歳の若手ピアニストである。プログラムにショパンの有名な小品がたくさんあったので、客席にはピアノ教室に通うような子供が目立った。居眠りもせず最後まで聴いた。後ろの客席の「おばはん」の私語が気に障ったが、注意をしたら逆切れされそうなので我慢した。マナーの悪い奴はどこにでもいるものだ。

2016年5月14日 (土)

九州旅行

もし九州に旅するならば、阿蘇の大自然、湯布院温泉、長崎グラバー園大浦天主堂にハウステンボス、福岡太宰府天満宮、宮崎高千穂峡、日南海岸、桜島屋久島、食と土産買うならば、博多ラーメン、長崎ちゃんぽん、熊本ラーメン、宮崎地鶏のもも焼き、大分とり天、鹿児島黒豚、長崎カステラ、福岡辛子明太子、鹿児島さつま揚げ、熊本辛子レンコン・・・いろいろあるがなぜか出てこない佐賀県。山形、富山、岐阜、滋賀、鳥取などと共に佐賀は地味な県の一つだと私は思う。いずれにせよ、震災後の九州に安心して旅が出来るまでまだまだ年月がかかりそうだ。

2016年5月13日 (金)

コリジョン

私は巨人ファンでも阪神ファンでもない。しかし昨日の金本監督の抗議は当然だ。コリジョンルールとかが適用され、大和が本塁に好返球し、悠々アウトのタイミングだったが、捕手の原口の左足が走路に掛かったと言うことで「最初から走路に立っていた」と杉永審判が判断しビデオ判定でジャッジを覆した。このプレーがセーフだったらこれはもはや私が知ってるプロ野球ではない。原口捕手は走路を妨害していない。プロ野球で一番の見せ場である外野からの好返球でホームベース上でのクロスプレー・・・ケガで選手生命が危うくなるのは気の毒だが、捕手がホームでのブロック禁止というコリジョンルールとやらでチンタラお上品なプレーなど見たくない。大相撲で勝負がついているのに相手を客席まで突き落とす横綱のダメ押しは、お客さんにけがを負わせるリスクがあるので絶対やってはいけないマナーだがプロ野球は再検討して欲しいものだ。

2016年5月12日 (木)

三菱自動車

三菱自動車の燃費不正問題で新たな展開。三菱が日産の傘下に入るという業界再編になってきた。当時の担当部長が不正を指示したそうだが、一部の人間の不正が全従業員の仕事やその家族の生活まで脅かす結果になり、「三菱自動車」と言う長年培ってきた実績や信用をすべて根底から覆す結果になった。信用を得るのは時間がかかるが失うのはあっという間だ。嘘つきはイカン!

2016年5月11日 (水)

広島訪問

オバマ大統領が、5月下旬広島を訪問するそうだ。現職のアメリカ大統領としては初めてのことで意義深い。かと言って原爆投下を謝罪するわけでもないし、日本もそれを期待するのはおかしい。安倍総理が真珠湾を訪問するのとはニュアンスが違う。核兵器廃絶は世界の悲願だが、実現するとは思えない。日本政府が国の借金を減らす努力をしないのと同じで、核保有国は自国の力を自ら削ぐ様な事は、まずするはずがない。日本は経済破綻し、世界は戦争に突き進む。残念ながらそれが現実だ。

2016年5月10日 (火)

パナマ文書

パナマ文書とやらが公開された。もう一つよくわからないが、タックスヘイブン、すなわち租税回避地=「税金のない国」にペーパーカンパニーを作り自国の税を逃れるため資産を移して儲かっていないように装う大がかりな脱税行為、それが暴露された。ロシアのプーチン、中国の習近平、イギリスのキャメロン、その他日本の企業20社、個人230名も資産隠しをしていた疑いが出てきた。ケイマン、バハマ、バミューダ、西サモア、モーリシャス、バーレーン、ドバイなどタックスヘイブン地域らしい。これを暴けば日本は消費税などとる必要はなくなるのかもしれない。善人面してアコギな大金持ちがウヨウヨいる。まじめに働いて税金をまじめに払うのが馬鹿らしくなる。世の中間違っとる。今後の展開次第では大政変も起こりかねない。

2016年5月 9日 (月)

月の光

シンセサイザー音楽の第一人者冨田勲さんが5月5日慢性心不全のため84歳で亡くなった。私が初めてその名を知ったのが1974年発売されたドビュッシーの作品を編曲、演奏したアルバム「月の光」であった。当時親しかった岡山のレコード店の店員さんから「おすすめの一枚」と言われて買ったレコードだ。このアルバムは日本人として初めて米グラミー賞にノミネートされた事でも有名だ。ドビュッシーのクラシック作品を当時最先端の電子楽器であるシンセサイザーで演奏されたもので、まさに衝撃の1枚であった。40年余り後の現在聴いても決して色褪せる事のない名作だ。ところで昔よく通った岡山市表町のレコード店は今もあるのだろうか?

2016年5月 8日 (日)

ホウ

朝、庭の野菜を見に行ったら、キュウリとトマト各一本、倒れていた。憎きヨトウムシに噛み切られた。ヨトウムシは漢字で書けば夜盗虫である。早くも200円の損害だ。早速近所の農家に行って補充用の苗を買ってきた。今日から高齢者の楽しみ?大相撲が始まった。場所前協会から2力士に厳しい指導があった。横綱白鵬の危険な駄目押しに対する厳重な注意と、もう一つファンの楽しみの一つ、琴勇輝が立ち合い前に発する「ホウ!」の叫び声も禁止になった。大相撲は大原則として力士は土俵上で声を発生してはいけないので当然かもしれないが、一つの名物?になっていただけに残念だ。シャラポワの叫びや卓球の「サー」は許されても、格式を重んじる大相撲は厳しいのだ。

2016年5月 7日 (土)

結婚式

親族の結婚式が2週間後に迫ってきた。東京まで日帰りで行くがそろそろ準備を始めないといけない。新幹線往復チケットは買った。黒い略礼服に白のワイシャツやネクタイはある。靴や靴下やチーフは適当にあるもので代用。祝儀金は少ないが祝儀袋が大きかったので郵便局に尋ねたら郵送用の書留封筒にも大きいサイズがあるというのでそれを買って送った。スピーチも写真も頼まれていないが、写真はスマホで適当に撮る予定。散髪もしておいたほうがよさそうだ。当日の出欠はがきの中に食物アレルギーについての記入欄があったのでしっかり書かせていただいた。たぶん伊勢海老やら鯖やレア肉は免除されそうだ。最近は葬式ばかりで結婚式の出席はおそらくこれが最後になるかもしれない。ちょっとした旅行気分で楽しみだ。

2016年5月 6日 (金)

ゆるきゃら

地震で活動を自粛していたくまモンが、昨日被災地にやってきた。笑顔の子供たちの姿をニュース映像で見ると心が和む。たかがクマのかぶりものとは言え、全国区の人気キャラはさすが存在感がある。くまモン誕生の歴史はそんなに古くはない。くまモンは2011年3月12日(九州新幹線全線開業の日)生まれである。いちおう5歳の男の子だそうだ。被災地のくまモンと東京ヤクルトのツバ九郎はなぜか応援したくなる。ちなみにつば九郎は1994年4月9日生まれの22歳男である。

2016年5月 5日 (木)

家庭菜園

3日憲法記念日、4日みどりの日、5日子供の日、理由は何であれ後半3日間の休みはゆっくり休養させてもらった。夏野菜もほぼ予定通り、苗の植え付け完了。あとは害虫、鳥から防御し、水遣りと草引きと追肥をこまめにやればそれなりに成果は期待できる。苗はほぼ100円均一なので合計26本2600円投資した。ミニトマト6、キュウリ6、ピーマン2、トウガラシ2、エダマメ4、ナス2、レタス4・・・成果は?

Janpiman

ジャンボピーマン

2016年5月 4日 (水)

ベンハー

今から57年前の1959年製作された映画「ベンハー」にはちょっと暗い思い出がある。私が小学生だった頃、この映画は小学生の私には理解不能と判断したのだろうか?母は中学生の兄だけを連れて映画を観に行き、私は家で1人留守番をさせられた記憶がある。それ以来ベンハーと言う言葉がトラウマ?のようになり、以降30年間ほど封印してきた。40歳の頃初めてこの映画をテレビで見たがそれほどの感動もなかったが、現在の年齢になって、聖書の事もほんの少し理解できるようになり、この連休久々にDVDでベンハーを観た。アカデミー賞を11部門獲得した3時間半余りの大作だが、57年前の作品とは思えない迫力と映像、衣装、音響の、感動的で素晴らしい映画であった。こんな映画を見られるのもゴールデンウィークならではの贅沢だ。今思えば小学生にはおそらく理解不能と言う母親の判断は間違ってなかったような気がする。

Benhur

2016年5月 3日 (火)

伊藤若冲

1716年生まれの伊藤若冲、今年が生誕300年の節目に当たる。テレビ番組で取り上げていたり、本屋さんでは若冲に関する本が最近目立つ。鶏などの鳥、虫、動植物、そして釈迦三尊像高など画質のデジカメで撮影したように細かい部分まで精緻に描き、色鮮やかで細やかな濃淡があって、まさに神業と言うべき作品がたくさん残っている。2000年だったと思うが、京都国立博物館の展覧会で若冲の作品を観てタマゲタ。群鶏図などは現代アート作品のようで古い作品とは思えなかった。13羽の鶏の羽一本一本が細やかに描かれ、表情も皆違う。京都高倉錦小路の青物問屋の長男である若冲が描いた作品が現在宮内庁が所管するに至るまでの経緯が波乱万丈で興味深い。今年は若冲から目が離せないぞ。

Itoujakutyuu1s

2016年5月 2日 (月)

小日向文世

大河ドラマ真田丸が面白い。特にキャストがなかなか良い。真田昌幸( 草刈正雄)、上杉景勝(遠藤憲一)、徳川家康(内野聖陽)らがそれぞれに今までの時代劇のイメージとは違う味を出している。特に豊臣秀吉(小日向文世)は面白い。秀吉=竹中直人と言うイメージが定着していただけに小日向は新鮮で笑顔の中に目が笑っていない狂気を感じる名演だ。、石田三成(山本耕史)、茶々(竹内結子)も見事にはまり役だ。大谷吉継(片岡愛之助)と小松姫(吉田羊)は話題性が優先してご愛嬌だが、これだけのキャストはさすがお金持ち公営放送NHKの面目躍如だ。

2016年5月 1日 (日)

連休

ゴールデンウィークの合間の好天の日曜日。初夏を思わせる陽気だ。午後バイオリンの合奏練習に参加してきた。演奏会まであと2カ月に迫り、ちょっと焦ってきた。今年もゴールデンウィークはカレンダー通り。と言う事は明日は仕事。4月29日から5月8日までの10日間10連休と言う会社もあるようだが、わが社は●●●○●●●○●●である。明日は静かに仕事をしよう。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »