« 熊本支援 | トップページ | 鳩山邦夫 »

2016年6月22日 (水)

右立ち

商店街を歩くとき、人間は左側通行で歩く。心臓を守ろうという本能がそうさせるそうだが、時代劇を見ているともし右側通行だったら武士はすれ違いざま刀の鞘と鞘が当たるので争いになるので左側通行になったとか。ではエスカレーターはどうだ?エスカレーターの右に立つか、左に立つか。大阪など関西は「右立ち」、東京などは「左立ち」で、反対側を急いでいる人のために空けるのが習慣になっている。外国はどうか?中国・韓国・アメリカ・カナダ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリアは大阪と同じ右立ちであるそうだ。しかし日本では、大阪周辺だけが「右立ち」で、東京など東日本をはじめ九州や中国地方でも「左立ち」が主流だそうだ。同じ関西でも大阪、兵庫、奈良は右だが京都、滋賀は左のようだ。車が走るとき、走行車線は左、追い越し車線は右だ。どっちが正しいのか知れないが、大阪はグローバルスタンダードに適った街であるようだ。

« 熊本支援 | トップページ | 鳩山邦夫 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熊本支援 | トップページ | 鳩山邦夫 »