« 値引き | トップページ | 熊本支援 »

2016年6月20日 (月)

セコイ

私は小説はすべて図書館で借りて読んでいるセコイ人間だ。舛添さんは税金で「クレヨンしんちゃん」を買ったが、私は税金を払って、本を無料で借りているのでニューヨークタイムズから「SEKOI」と指摘されることはないはず。図書館はインターネットで読みたい本を予約できる。順番が来たらメールで連絡が来る。話題の本はなかなか入らないが、無料なので有難いことだ。ただたまに読みたい本が一気に2~3冊入ってしまって、時間的に読めずにそのまま返すこともあるのが悔しい。ちょうど今読みたかった本が一気に3冊入って困った。伊坂幸太郎著「サブマリン」、荻原浩著「海の見える理髪店」、朱川湊人著「主夫のトモロー」である。そこで一念発起して、土曜日は休日だと言うのに4時起床して1日で一気に「サブマリン」を読んだ。そして今日はテレビもそこそこにして「海の見える理髪店」を朝5時から読み始め半分読んだ。読書スピードと言うものは、興味深くて好きな作家の本はすらすら読めるのが不思議だ。逆に2~3ページ読んで寝てしまう本もあるのが面白い。この差はなんだ?

« 値引き | トップページ | 熊本支援 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 値引き | トップページ | 熊本支援 »