« リオ五輪閉会 | トップページ | 読書の夏 »

2016年8月23日 (火)

水分補給

連日の猛暑で暑いという言葉が空しく響く。私が子供だった昭和30年代、記憶は定かではないが、暑いと言ってもせいぜい30度台前半だったような気がする。クーラーなどは贅沢品で、扇風機、団扇、水まきなどで涼をとった。コンビニもなかった時代、清涼飲料と言えばラムネ、三ツ矢サイダー、バヤリースオレンジ、カルピス程度で、ペプシコーラやコカコーラばかり飲んだら骨が溶けるとかわけのわからない噂が流れたがそんな「怪しい飲料」を好奇心いっぱいで恐る恐る飲んだものだ。他にも渡辺ジュースの素、キリンレモン、タケダプラッシー、不二家ネクター、ファンタ、ミリンダ、サッポロリボンジュースなどがあったが、今思えば着色料たっぷりのものもあった。猛暑の中でも「運動中は水を飲むな」と先生から注意された。最近はこまめな水分補給は当たり前、いろはす、グリーンダカラ、アクエリアス、ポカリスエット、カルピスウォーター・・・今年は飲料メーカーはホクホクだろう。

« リオ五輪閉会 | トップページ | 読書の夏 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リオ五輪閉会 | トップページ | 読書の夏 »