« ら抜き言葉 | トップページ | 豪栄道 »

2016年9月22日 (木)

2025年問題

東京オリンピックの5年後、2025年問題と言われる年が近づいてきた。団塊の世代がすべて75歳以上になる年だ。病院も介護施設も超満員。高齢者を支えるはずの若者が自ら働かないと食べてゆけない。結果、家族が自宅介護することもできない。高齢者は自宅もダメ、病院や施設もダメで、いよいよ死ぬと言う局面で死に場所すらなくなる。現在の高齢者は経済的には幸せだ。しかも市役所から満77歳、満88歳、満99歳、満100歳以上の節目の年に敬老祝い金として1万円支給される。たぶん私たちがこの歳になったころは、祝い品に「入れ歯ケース」か「介護パンツ」くらいしかもらえないか?それとも長生きした罰金を毎年1万円払わないといけないかも。

« ら抜き言葉 | トップページ | 豪栄道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ら抜き言葉 | トップページ | 豪栄道 »