« 行き合いの空 | トップページ | 核のボタン »

2016年9月26日 (月)

日本語の謎

①無視することを「シカト」すると言う。なぜこんな言い方をするのか?花札の紅葉の十月に描かれている鹿が横を向いてこちらを無視している。十月の鹿、鹿十、シカトと変化したそうだ。②「情けは人の為ならず」を最近間違って使う人がいる。情けをかけることは本人の自立の妨げになるから、やめておけ・・・と言う意味ではない。今人に情けをかけておけば、やがて自分にも幸福が戻ってくると言う、見返りを期待するもので、無償の愛ではない。③右に出るものがいないとは右が一番上座と言う事らしい。だったらなんで右大臣より左大臣の方が偉いのか?逆に栄転の反対は左遷と言う。やっぱり左より右が偉いのか?キリスト教では「イエスは天に上って、全能の父である神の右に着かれた」とあるが、やはり右が偉いのか?右か左か・・・うーむ・・深い。

« 行き合いの空 | トップページ | 核のボタン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行き合いの空 | トップページ | 核のボタン »