« トリクロサン | トップページ | 高齢者の運転 »

2016年11月13日 (日)

皮膚の日

大阪に行ってきた。11月12日は「いいひふ」の語呂合わせで皮膚の日だとか。そんなわけでその前後の日曜日の今日「皮膚の日講演会」と言うのに参加した。シニア世代の皮膚トラブルとその対処方法、さらに「乾癬」と言う皮膚の病気についての最新治療方法について勉強?してきた。年齢と共に紫外線の影響と皮膚の乾燥で色々厄介な皮膚病になる。たかが皮膚と侮るなかれ。大きな病気に発展することもある。とにかく保湿が第一。さらには自己判断で貼り薬、塗り薬を誤って使うと危険を伴うそうだ。また「乾癬」と言う皮膚病に対して「生物学的製剤」と言う薬剤が開発され大きな改善効果が出ているとか。ただ、まだまだ費用が高いので1~2年先の安い薬の開発が待たれる。冬は体が痒い。痒いと掻く。ますます悪化すると言う悪循環から抜け出す精神的な方法がある。痒くてもとりあえず15秒我慢をする。それだけで痒みがおさまることもあるそうだ。これは一度試してみよう。

« トリクロサン | トップページ | 高齢者の運転 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トリクロサン | トップページ | 高齢者の運転 »