« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月31日 (火)

トランプ

連日、テレビも新聞も顔を見ない日はないトランプ。アメリカの最高権力者を呼び捨てにするのは失礼な話だが、ひどすぎる。特定の国民の入国禁止、メキシコ国境に壁移民、人権無視、国際的約束反故、価値観はアメリカの金儲けだけ、続々と出てくるめちゃくちゃな大統領令、そもそもアメリカは移民で成り立っている国家であるのに、ではこれ自己否定である。トランプに聞く耳があるのか?このままではアメリカは世界を敵に回すことになる。行き着く先は戦争しかない。だれかブレーキを掛ける取り巻きはいないのか?

2017年1月30日 (月)

マヨネーズ

私の好物は、たこ焼き、きつねうどん、親子丼、である。特に最近のたこ焼きについては不満だ。昭和の時代大阪ミナミで育った私が知っている「たこ焼き」には青のり、かつお節、ネギ、紅ショウガは入っても、マヨネーズは絶対入らない。しかし現在は当たり前のようにマヨネーズが入る。私が子どもの頃、日本人は米が主食であった。パンは洋食と考えられていた。マヨネーズは当然ながら洋食に使われるもので、その延長線上で考えるとたこ焼きとマヨネーズには違和感がある。当時庶民的な洋食と言えば、グリーンピースが載ったハヤシライス、チキンとケチャップを炒めたチキンライス、あとはビフテキ(ビーフステーキの略)とトンカツとエビフライ。最近はピザが食事になるようだ。私がピザの存在を知ったのは1970年代前半である。高木麻早と言うシンガーソングライターの、あまり有名でない作品「ピカピカの自転車」の歌詞「ピザを食べたら時間が欲しい。チーズがとけて、しみこむまで・・・」を聴いた時だった。50年後の現在ピザは2枚買うと1枚無料だ。感無量だ。

2017年1月29日 (日)

岡山弁

私は20代前半、いわば人生で一番楽しかった頃、仕事で3年余り岡山で暮らした。仕事は結構厳しかったが、楽しくもあった。大阪弁しかしゃべれない私が最初に直面したのが言葉の壁であった。「そうでしょう」は「そうじゃろ」程度はまだわかる。「ものすごい」と言う表現には3つある。「で~れ~」「ぼっけ~」「もんげ~」の使い分けが難しい。「ふざける」は「ちばける」、「しんどい」は「えれ~」、「めんどうくさい」は「たいぎ~」、「そんなことしたらいけない」は「そげんことしたらおえま~が~」、「壊す」は「めぐ」、究極は、「早くしなさい」である。東の備前では「はよ~せられ~」、北の美作では「はよ~しんちゃい」だが倉敷など西の備後では「はよ~しね~」になり、殺されそうだった。

2017年1月28日 (土)

なぎさ公園

明るい廃虚と呼ばれていたショッピングモール「ピエリ守山」とそのすぐそばにある琵琶湖岸の「なぎさ公園」に行ってきた。先日の雪の影響で公園の菜の花が倒れ気味であったが好天に恵まれ比良山の雪景色と琵琶湖の青々とした水の色とマッチして絶景であった。近くの「ピエリ守山」は結構繁昌していて、ガラガラな昔のイメージはない。2月10日には「ニトリ」がオープンするようで、今後ますます良くなりそうだ。

Dsc_0437

2017年1月27日 (金)

窃盗

先日韓国の知事が竹島に上陸してお騒がせしたと思ったら、今度はとんでもない判決が出た。韓国の窃盗団が長崎県対馬市の観音寺から盗んだ「観世音菩薩坐像」を、韓国地裁の一方的な裁判で、700年前日本が略奪した仏像だと根拠のない言いがかりをつけ像は韓国から返還されないことになった。韓国内の「反日」に配慮したとは言え、盗んだ物を返さない国家レベルの犯罪に怒りを超えて呆れるばかりだ。無政府状態の現在の韓国に常識も倫理も通用しない。しばらく静観するしかない。

2017年1月26日 (木)

沈黙

遠藤周作の小説「沈黙」が映画化されたので観てきた。「沈黙ーサイレンスー」・・・島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい時代の日本の隠れキリシタンに対する弾圧と言う難しい映画だ。全体的にも暗く重々しい内容だが、救いはイッセー尾形の演技だ。イッセー尾形の役は、主人公ロドリゴらを辛い目に遭わせる井上筑後守と言うキリシタン側から見たら悪役なのだが、品があって、ユーモアも感じる演技がなかなか良かった。1800円の映画も高齢者割引で1100円で観られた。

2017年1月25日 (水)

汚職

世界の国々で汚職が蔓延する国もあればクリーンな国もある。どんな基準で決めるのかは知らないがそんなランキングが発表された。デンマークやニュージーランドがクリーンな国で、北朝鮮とソマリアがダーティな国と言う事になった。日本は清潔度20位だそうだが、公務員の天下りはカウントされないのだろうか?事実認識の不足したトランプ大統領が暴走を開始し、大統領令を駆使して次々とんでもない事を決めている。大統領に「袖の下」を持っていったらいい事がありそうなそんな雰囲気になって来た。当面はトランプに尻尾を振って近づく企業がますます増えそうだ。

2017年1月24日 (火)

首手首足首

1月中旬に今シーズン最強の寒波がやってきて居座り続けている。今シーズン買ったスタッドレスタイヤが少し役に立った。高齢になると夜中トイレに行く回数が増えるが、こんなに寒いとトイレにも行けない。寒さをしのぐ方法は西洋医学も東洋医学も共通するのが「首・手首・足首」を温めよと言う事だ。詳しい事情はわからないが経験的に言って皮膚の薄そうな「3首?」を温めると確かに寒さは和らぐ。かと言って足首を温めるために靴下を履いて寝たらよいと思うが、これが良くないそうだ。足が蒸れるし、足を締め付けて血流が悪くなるからだ。また昔から死んだ人をあの世に送るとき白い足袋を履かせた事から、寝るとき靴下をはくのは縁起が悪いと言われてきた。靴下を履くよりは掛布団の足元を軽い毛布で覆い、足が布団からはみ出さない様にすれば十分暖かい。この寒さも早く終わって欲しい。

2017年1月23日 (月)

高津宮

大阪歴史博物館に行ってきた。古代から中世~近世~近代~現代に至るまでの大阪の歴史が良くわかる。特に私は大阪生まれの大阪育ちなので感慨深い。私の幼少?の頃の住まいが大阪市南区(現在の中央区)高津であった。私が小学生の頃は学校には権威と言うものがあって、校長先生や教諭は尊敬の対象であり、怖い存在でもあった。PTAや親もクレイマーのような先生を見下す生意気な態度ではなく先生に敬意を払っていた。国旗掲揚、国歌斉唱は当然であり、児童生徒は「校歌」以外に「大阪市歌」もまじめに覚え歌っていた。お蔭で半世紀経過した今でも大阪市歌のイントロは覚えている。「高津の宮の昔より、よよの栄を重ねきて、民のかまどに立つ煙、にぎわいまさる大阪市、にぎわいまさる大阪市」である。大阪歴史博物館はその「高津宮」の事が良くわかる展示がなされている。

Dsc_0427

2017年1月22日 (日)

稀勢の里

稀勢の里が初優勝した。実力がありながらいつも最後で優勝のプレッシャーに負け、優勝を逃してきた印象の稀勢の里だが今場所はいつもと少し違っていた。どっしりとしていた。精神面ばかり指摘されるが、体力的にも強くなったと言う印象が今場所にはあった。私も多くのマスコミ同様稀勢の里について言えば精神的な弱さばかりを批判してきた。でも優勝すると、おそらくマスコミは手のひらを返したように褒めちぎる。勝手なものだ。おそらく場所後横綱に推挙されるだろうし、テレビ出演も増えて稽古する時間も少なくなり多忙な日々となる。また新横綱になると土俵入り他相撲以外でイロイロ神経を使う。そんなプレッシャーに負けずに3月大阪場所を迎えられるか少し心配だ。

2017年1月21日 (土)

トランプ

ドナルド・トランプがアメリカ大統領に就任した。就任演説には政治理念の説明もなく、ただ単にアメリカの利益のみを優先する保護主義的内容で、まるで独裁国家の王様のように下品で自己中心的な演説に終始した。今後世界とどのように協調して行くつもりなのか、またなぜこんな人物がアメリカ大統領に選出されたのか謎だ。私の株価予想・・・1月末には日経平均で21000円近くまで上昇して、2月に入ると19000円代に大暴落。

2017年1月20日 (金)

公開録音

NHKFMで毎週日曜日午後8時過ぎ(再放送は金曜日午前9時過ぎ)に「リサイタル・ノヴァ」と言うクラシック番組がある。大阪のNHKホールでの、その公開録音を兼ねた演奏会に行ってきた。ピアニストの本田聖嗣が司会をし、小林壱成のバイオリン演奏とトークが行われた。公開録音なので携帯の電源を切れとか雨傘がパタッと倒れる音がしないよう事前に倒しておけとか色々注意があった。座席指定とは言え座る場所の希望は出来ないが、かなり良い席に座れた。これだけの演奏を無料(往復はがき代104円)で入場できたのでラッキーである(高い受信料を払っているから当然かも?)。コルンゴルトの協奏曲や、イザイの無伴奏ソナタやポンセのエストレリータなど名演奏を堪能できた。2月19日(再放送は2月24日)に放送される予定だ。私の拍手の音も入っているはずだ。

2017年1月19日 (木)

大相撲観戦

大相撲見物は昔からお年寄りの楽しみであったが、最近は若い人にも人気で、土日あたりはチケットを購入するのも簡単ではない。溜席、マス席(A・B・C)、椅子席(SS・S・A・B・C)の9段階あって、土俵に近い14800円の溜席は基本的に後援団体やいくらか寄付した個人が優先的に購入できる席で、飲食は原則的に出来ない。11700円~のマス席は2人用4人用があって飲食が出来る。椅子席は9800円~3800円で、2階になるが椅子なので腰痛の人にはおすすめだ。チケットは大相撲案内所「本家」と言う会社が仕切っているようだが、観戦バスツアーとして旅行会社でも買えるし、ピアとかでチケットだけでも買える。「本家」で買うと食事やお土産がセットになる。幕の内三段重に酒、ビール、お茶、お菓子、土産物がついているが1万円以上かかる。そんなわけでお年寄りの私は、3月大阪場所のバスツアーの申し込みをした。最寄駅からバスに乗って、昼食は有名店でちゃんこ料理を食べて、椅子席で観戦して、帰りも最寄駅までバスで送ってもらって、一人15000円。安いか高いか?老後の楽しみだ。

2017年1月18日 (水)

石田三成CM

違法な長時間労働で問題になった広告会社の電通に対し滋賀県は入札参加停止とする事を決めた。電通の広告と言えばテレビや雑誌しか思いつかなかったが、滋賀県は電通に色んな仕事を依頼していた。その最高傑作は石田三成CM動画だ。映像は超ダサいが笑わせてくれる素晴らしい作品だ。石田三成は全国的には暗い、陰険と言った悪役的マイナスイメージが強かったので、県としてそれを払拭するために多額の宣伝費を電通に支払っていたのだ。広告業界の幅広さを再認識した。

2017年1月17日 (火)

年号

1989年1月7日、昭和天皇崩御に伴って年号が昭和から平成に変わった。2019年1月に天皇陛下が生前退位をされると言う事で年号が変わるそうだ。名前は完全極秘で決まるので知る由もないが、予想してみよう。和暦は市役所などで明治はM、大正はT、昭和はS、平成はHと略されるから、これと混同しない様にMTSHで始まる名前はまずないだろう。五十音で言えばさ行、た行、は行、ま行で始まることがない。あ行、か行、な行、や行、ら行、わ行の漢字で始まる。しかも画数の多い難しい漢字や、縁起の悪い漢字は採用されない。となると、安とか恩とか快とか幸とか念とか陽とか朗とか和とかで始まる組み合わせになるのだろうか?一般公募なんかあるわけないし、考えてもしょうがないしまだ2年あるので楽しみに待つとするか?

2017年1月16日 (月)

22年経過

平成7年(1995年)1月17日の阪神淡路大震災から22年。最近神戸に行く機会があまりないが、映像で見る限り震災直後の状況を思い起こすと、現在は完全に蘇ったように思う。ただ景色だけではわからない、人々の苦悩が報道で伝えられている。家族を亡くした人、震災後精神的に立ち直れない人、住まいを無くしローンが残った人、借上げ復興住宅の期限切れで立ち退きが迫られている人、ご近所がバラバラになって友人もなく引き籠っている人、当事者しかわからない色んな人間模様がある。人生いつ何が起こるかわからない。とりあえず私は今日も元気だ。

2017年1月15日 (日)

テレビ三昧

今シーズン最強の寒波で、雪が積もり、今日は大阪に行く予定を中止して、家に引き籠った。昨日今日で録画したテレビドラマを一気に見た。草彅剛「嘘の戦争」、香里奈「嫌われる勇気」、波瑠 「お母さん、娘をやめていいですか?」、瀬戸康史「幕末グルメ  ブシメシ!」、武井咲「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」、中井貴一「雲霧仁左衛門3」、黒木メイサ「花嵐の剣士」・・・ストーリーが入り乱れてどれがどれか覚えていない。明日以降も木村拓哉「A  LIFE~愛しき人~」、綾瀬はるか「精霊の守り人Ⅱ」、も増えて、忙しい。呑気で平和な日々だ。お年玉年賀はがきの当選番号が発表になった。残念ながら、切手シート2枚のみ当選の結果であった。

2017年1月14日 (土)

センター試験

今日明日が大学入試センター試験の日であるが、あいにくの雪で受験生には気の毒だ。もっと他の日に開催する方法はないものか?私はそもそもセンター試験がどんなものか知らない。むかし「戦争を知らない子供たち」だった私は「センター試験も知らない大人たち」なのだ。結局は受験生の学力をランク付けするものだ。マークシート方式で人間の序列を決め、それで将来の進路が決まり、極端に言えば人生も決まるのだが、それが天候に左右されると言うのも怖い話だ。運不運もあるが、運も実力のうちなのだ。雪にめげず、ガンバレ受験生諸君!

2017年1月13日 (金)

ゆとり世代

私が若かった頃年長者から「最近の若い奴は」と批判された。その「最近の若い奴」が歳を重ねて後輩に対して「新人類は困ったものだ」と批判した。その「新人類」はさらに後輩に対して「最近のゆとりには困ったものだ」と批判する。結局は年長者が優越感を維持するために若い者を批判する本質は昔も今も変わっていない。要するに自己弁護をして相対的に自分の地位を高めようとする愚かな行為だ。「ゆとり世代」を育てたり指導する技量が足りない人たちがそのような事を言う。確かに「ゆとり世代」の行動に呆れることはある。しかし「ゆとり世代」を一括りにして考えてはいけない。若者も十人十色であり、批判することが結局自分たちにブーメランのように帰ってくる。「ゆとり世代」の行動を批判すると言う事はそれだけ自分に精神的な「ゆとり」がないと言う事だ。★今晩から今シーズン最強の寒波がやってきてしばらく居座るそうだ。明日の朝は白銀の世界か?

2017年1月12日 (木)

保護主義

まだ大統領に就任していないのに、トランプのツイッターでの発言で自動車、医薬品などなどの株価が乱高下。トランプにゴマすりをする自動車メーカーの社長のおろおろした姿が情けない。アメリカ経済に対する保護主義的主張がますますエスカレートするが、貿易は双方に利益があるから行うのであって、自分だけ良ければと言う独りよがりの駄々っ子の政策はいずれ自らの墓穴を掘ることになるのがわからないのだろうか?保護主義が極まった結果、戦争に発展する愚かな過去の歴史を繰り返すつもりなのか?

2017年1月11日 (水)

週刊誌

1冊読んだら読破、ぽろっと泣いたら号泣、男女が食事をしたら熱愛、十人並みでも美人過ぎる▲▲、ちょっと褒めたら絶賛、週刊誌の針小棒大はとどまるところを知らない。あることない事書きたてて、前代未聞、魑魅魍魎、抱腹絶倒、絶体絶命などやたら漢字を並べ煽り、密着取材とか言って近隣の迷惑顧みず当事者の自宅前に押しかけ、程度の低い質問を浴びせ、まるで国民代表の正義の味方になりきり、自分に不都合なことは沈黙し貝になる。大地震の前兆、経済破綻、●●で癌が治る、○○でダイエットに成功、やってはいけない手術、医者自身が飲まない危険な薬・・・などで国民の不安を煽り、週刊誌の発行部数を増やそうとする。結局活字を全面的に信用するのではなく自分自身の判断で文章を読み解かなければならない。

2017年1月10日 (火)

スタバ

コンビニだったら100円で済むのに、今日は贅沢にスタバに行った。ショートカフェミストが税込345円は高い!種類が多すぎて選択に迷う。人気メニューはキャラメルマキアート、カフェモカ、スターバックスラテだそうだが私はドリップコーヒーかカフェミストをよく飲む。スターバックスではサイズが4種類ありややこしい。、Shortショート(240ml)、Tallトール(350ml)、Grandeグランデ(470ml)、Ventiベンティ(590ml)なのだ。スタバの店員がイラっとすること・・・キャラメルソースをもっとかけてくれとせがむ客。知ったかぶりして裏メニューを頼む客。アイスコーヒーを「レーコー」と言う関西人オヤジ。フラペチーノをマクドみたいにフラッペと言う客。ドライブスルーで車のごみをドバっと捨てる客。パソコンを持ち込んで長時間粘る客。後片付けをしない客。・・・正月早々贅沢をしてしまった。

2017年1月 9日 (月)

成人式

被災地で家族や家を無くした若者、立派な目標を持った若者、甘やかされて育った若者、過激なファッションを競う若者、20歳になったアイドル芸能人の若者、酒を飲んで暴れて傷害事件を起こす若者、交通事故を起こして逃走する若者、不祥事を起こして式に参列できない市長、それぞれの成人式が各地で行われた。半世紀弱前に成人式を迎えた私。彼らが私の年齢になるころ日本はどうなっているのか?明か暗か?年金はあるのか?日本が独立国として存続しているのか?大地震で国土が荒廃しているのか?1億の人口が7千万くらいに減少しているのか?・・・暗い予想は出来ても明るい未来は予想できない。

2017年1月 8日 (日)

500g増

正月も1週間が経過し正月気分もほぼ消えた。年末と比べると体重が500gほど増えた。明日草津市では成人式が行われるが、近隣の栗東市は今日が成人式が行われ、大雨の中晴れ着姿は気の毒だが、雪よりはましか?昔は成人式は1月15日と決まっていたが、最近はカレンダーの並びで第2月曜なので各市町村もバラバラに開催しているようだ。明日が本番だが今年も荒れるのだろうか?

2017年1月 7日 (土)

無意識

フロイトは「無意識」と言う「人の心には自分でも開けて見る事の出来ない秘密の部分がある」事を発見した心理学者である。フロイトは「夢判断」でも有名だ。夢には自分の願望や不安が現れる。荒唐無稽な夢でも、必ず意味があると言う。遅刻する夢には会社や学校に行きたくないと言う願望がある。追いかけられる夢には、権力や支配から逃れたいと言う願望がある。私は最近毎日奇妙な夢を見る。見た夢を記録しておかないのですぐ忘れるし、個人情報だから言わないが色々願望や不満があるのかもしれない。この「無意識」を自由にコントロール出来たら、人間は幸せになるのであろうか?うーむ、難しい話だ。

2017年1月 6日 (金)

餅は餅屋

昨年大阪ガスが電気を販売し、今年から関西電力がガスを販売する。標準家庭で電気とガスをセットで契約すると料金の合計額は大ガスが11185円、関電が11277円。両社とも別々に一般料金で契約する場合と比べると、大ガスで553円、関電で461円割安になる。その差92円で大ガスの方が安い。しかしいずれは値引き合戦の消耗戦になり、サービスや安全性に問題は出てこないのだろうか?震災で停電したり、ガス管が破裂したら、関西電力がガス管工事をし、大阪ガスが電線の修理をするのか?価格が安くなるのは歓迎だが、不安も残る。餅は餅屋だ。

2017年1月 5日 (木)

ハレとケ

今年の年賀状で知った「ハレ」と「ケ」と言う言葉。古来より日本人は普段通りの日常を「ケ」の日、祭礼や年中行事を行うのが「ハレ」の日と呼ぶそうだ。柳田國男が見出した日本の伝統的な世界観であり、「非日常」と「日常」と言い換える事も出来る。晴れ着、晴れ姿などは「ハレ」の気持ちを表した言葉だ。逆に怪我とかケガレとかケジメとかそんな日常の良くないものを「ハレ」の日に禊ぎ、清め、祓うのが「ハレ」の行事なのだ。日本人はそうやって「悪いことがあると、明日はきっとよくなる」と励まし、良いことがあると「良い事ばかりではない」と戒めメリハリをつけて生きてきたのだ。正月が待ち遠しいから年末に頑張る。でも最近は正月でもスーパーは開店しているし別に特別な事をしなくても良いと言う風潮がある。レストランで食事をするのは本来「非日常」だが、毎日外食している人には「日常」なのだ。「ハレ」と「ケ」の区別がなく毎日が「ハレ」なのでストレスもたまるのだ。

2017年1月 4日 (水)

コツコツと

今日から取引が始まった株式、日経平均株価の終値は年末の前営業日比479円も上がり19594円となり、2万円を窺う明るいスタートとなった。トランプ効果と言う人もいるが、世界的に保護主義的になり、為替相場も乱高下しそうだし、一つ間違えば中東や朝鮮半島や米中で戦争が始まるかもわからない状況で、しかも大地震がいつ日本を襲ってもおかしくない状況の中で、未来は混沌として予測不能だ。今年もマイペースで心静かに「イライラ」せずに、真面目に「コツコツ」行動し、清潔清掃で「ピカピカ」に磨き、健康維持のため「テクテク」歩き、好奇心のおもむくまま「ウロウロ」行動し、テレビドラマで「ハラハラ」し、野菜食で血液「サラサラ」をめざし、バイオリンを「ギコギコ」練習し、小銭を「チマチマ」貯め、煎餅「パリパリ」間食は控え、健康で良い一年をめざそう。

2017年1月 3日 (火)

国立文楽劇場

毎年1月3日は大阪ミナミで友人たちと小宴を開くのが恒例となっており、今日もまたいつものメンバーが元気に集合した。20代の頃から40年以上ほぼ毎年続いており、まさに驚異的歴史的催しになっている。小宴の集合時間前、私は数年来必ず訪れるのが黒門市場と国立文楽劇場である。黒門市場は今年も中国人に占拠?され、異様な活気があった。そして国立文楽劇場の前では恒例の鏡開きと振る舞い酒の列に並んだ。最後尾の札のところに並んだが、凄い行列だった。関係者の努力で文楽にこれほど人気が復活したのは喜ばしい限りだ。私が毎年黒門&文楽を訪れるのは、幼少?のころこの付近に自宅と小学校があったからだ。いわば私のルーツのような地であるのだ。

Dsc_0416

2017年1月 2日 (月)

時代劇

洋楽好きの私は自分で言うのもなんだが、意外と大相撲と日本の時代劇が大好きだ。シリアス人情ものも、アクションチャンバラもOKだ。年末年始マンガが原作の映画2作を録画で観た。1つ目は「BALLAD名もなき恋のうた」で原作は「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶアッパレ戦国大合戦」である。草彅剛、新垣結衣主演で、天正2年の戦国時代と現代がタイムスリップする話。2つ目は「るろうに剣心」で和月伸宏が少年ジャンプに連載している「るろうに剣心       -明治剣客浪漫譚」が原作である。佐藤健、武井咲、吉川光司、蒼井優、青木崇高、綾野剛、江口洋介、香川照之など豪華キャストで、凄腕の暗殺者・緋村剣心が月日を経て、か弱き人々を剣の力で守り助ける流浪人になって行く話だ。年末年始はお笑いタレントたちが華やかな、ひな壇でトークやクイズやゲームを楽しむような番組ばかりで、つまらないので、毎年録画した映画を観ている。あす以降は東山紀之の「大岡越前スペシャル」と山本耕史の「陽炎の辻完結編」 ・・・時代劇が楽しみだ。

2017年1月 1日 (日)

元旦

2017年、平成29年がスタートした。穏やかな好天で初日の出や初詣日和であったようだ。親族が昼過ぎに揃うので、おせちや雑煮は昼に食べることにして、元旦の朝、いきなりコーヒーとパンであった。年賀状は今年から2日の配達をやめる代わりに、元旦は例年より1時間ほど早く届いた。出した人から届かないのは色々事情があって発状が遅れたのかもしれないと思うが、出さなかった人から届くとちょっと後ろめたいので、即返礼の年賀状を書いてポストに投函した。元旦の投函なら許されるであろう。明日も親族が来てくれるようだし、明後日は毎年恒例の新年会で大阪で宴会をする。今年も健康的な正月が過ごせそうだ。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »