« 稀勢の里 | トップページ | 首手首足首 »

2017年1月23日 (月)

高津宮

大阪歴史博物館に行ってきた。古代から中世~近世~近代~現代に至るまでの大阪の歴史が良くわかる。特に私は大阪生まれの大阪育ちなので感慨深い。私の幼少?の頃の住まいが大阪市南区(現在の中央区)高津であった。私が小学生の頃は学校には権威と言うものがあって、校長先生や教諭は尊敬の対象であり、怖い存在でもあった。PTAや親もクレイマーのような先生を見下す生意気な態度ではなく先生に敬意を払っていた。国旗掲揚、国歌斉唱は当然であり、児童生徒は「校歌」以外に「大阪市歌」もまじめに覚え歌っていた。お蔭で半世紀経過した今でも大阪市歌のイントロは覚えている。「高津の宮の昔より、よよの栄を重ねきて、民のかまどに立つ煙、にぎわいまさる大阪市、にぎわいまさる大阪市」である。大阪歴史博物館はその「高津宮」の事が良くわかる展示がなされている。

Dsc_0427

« 稀勢の里 | トップページ | 首手首足首 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稀勢の里 | トップページ | 首手首足首 »