« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月31日 (金)

忖度

今年の流行語は忖度?・・・忖度と斟酌と酌量はどう違うのか?忖度とは相手の事情や心情をくみとること。また、くみとって手加減すること。斟酌とは相手の事情や心情をくみとること。また、くみとって手加減すること。酌量とは事情をくみ取って処置・処罰などに手心を加える事。他にも類似語がある。気配り、心配り、配慮、心遣い、気遣いとはちょっとニュアンスが違うようだが、日本語は難しい。

2017年3月30日 (木)

プロ野球順位予想

いよいよ明日プロ野球開幕!当たるも八卦、言論の自由、言うのは勝手、セパ順位予想をして見よう。セリーグは①阪神、②広島③DeNA④巨人⑤ヤクルト⑥中日・・・阪神は先発陣が強力。捕手の固定が出来れば優勝もある。広島は黒田の穴が大きい。DeNAはチームのバランスが良い。巨人は小林が成長し、大補強をして戦力は圧倒的だがチームの和が保てるか微妙だ。ヤクルトは打線はまずまずだが、エース不在で苦戦。中日は個々には有能な選手がいるがチーム内がギスギスして、まともに戦える状況ではない。パリーグは①ソフトバンク②日ハム③ロッテ④オリックス⑤楽天⑥西武・・・戦力的にソフトバンクがやはり優勝。日ハムも僅差で追う展開になりそうだ。ロッテは攻撃力に不安があるが涌井を中心に投手力が充実。オリックスは投手を補強し戦力的にはバランスが良く、金子がフルに活躍出来たらAクラスも見えてくる。楽天は岸の加入で投手力が整ってきた。西武は先発投手陣に不安。今年も関西では話題にすらならない東京ヤクルトをヒッソリ応援しよう。

2017年3月29日 (水)

恐ろしい

園児にまともな給食も与えず、虐待し不正を繰り返してきた姫路のわんずまざー保育園の小幡園長の対応が恐ろしい。パッケージツアー会社のてるみくらぶの山田社長のでたらめ経営がこれまた恐ろしい。しかもわずか80程度の社員の会社が新卒者50名も内定通知を出して、将来ある若者の人生を狂わせてしまった責任をどうとるのか?恐ろしい経営者だ。高浜原発3・4号機の再稼働が裁判で認められ、琵琶湖を水源とする大阪、京都、滋賀に対するリスクがますます現実のものになって来た。福島の事故以来、原発の恐ろしさを知った日本人だが、今やすでに他人事のように聞き流してしまうのが恐ろしい。しかもそれに反応して株を買い漁るトレーダー。関西電力の株価が昨日より8%以上上がったのがまた恐ろしい。

2017年3月28日 (火)

4月のテレビドラマ

4月から新しいドラマが次々始まる。NHK系「ツバキ文具店(多部未華子)」「オクニョ運命の女(チン・セヨン&コ・ス)」「4号警備(窪田正孝)」「ひよっこ(有村架純)」、フジテレビ系「貴族探偵(相葉雅紀)」「CRISIS公安機動捜査隊特捜班(西島秀俊)」「人は見た目が100パーセント(桐谷美玲)」「犯罪症候群(玉山鉄二)」、日テレ系「母になる(沢尻エリカ)」「恋がヘタでも生きてます(高梨臨)」「ボク、運命の人です。(和也亀梨)」「フランケンシュタインの恋(綾野剛)」、朝日系「警視庁捜査一課9係(渡瀬恒彦??)」「緊急取調室(天海祐希)」「女囚セブン(剛力彩芽)」、TBS系「あなたのことはそれほど波瑠」「3人のパパ(堀井新太)」「リバース(藤原竜也)」「小さな巨人(長谷川博己)」さあ何を見ようか?

2017年3月27日 (月)

奇跡の稀勢

昨日、大相撲で新たな伝説が生まれた。13日目日馬富士戦、土俵から転落して左肩に大けがを負った稀勢の里。本来なら残り2日間は休場して当然だったが、新横綱としての責任感と言うか力士としての本人の美学を貫いて満身創痍で強行出場。14日目は鶴竜に力なく敗戦。誰もがもうだめだと思い、無理をして傷を悪化させなければよいのにと心配した。千秋楽も解説の北の富士さんでさえ、勝ち目がないと発言されていたが、大方の予想に反して、本割で照ノ富士に勝ち、優勝決定戦でも執念の奇跡的勝利で見事2場所連続優勝を果たした。亡くなった恩人であり師匠の鳴門親方(隆の里)に対する思いもあったのだろう。ただ相手の照ノ富士も完全アウェイの中、膝を怪我し満身創痍なのに相手の横綱に対して堂々と戦ったのはあっぱれであった。感動を有難う・・・である。

2017年3月26日 (日)

ちゃんこ鍋

先日大相撲観戦ツアーに行ったとき、昼食はちゃんこ料理だった。野菜たっぷりの絶品であった。肉と言えば牛肉や豚肉は入っていなかった。鶏肉と鶏団子が入っていたので店の人に聞いてみたら、何と意外な答え。牛や豚は四足なので手を地面につけている。これは力士には負けを連想させる。その点鶏は二本足で立っているように見えるから鳥を食べるのだそうだ。さらに鶏団子は白星=勝ち星を連想される縁起の良いものなのだそうだ。納得!最後に食べたちゃんこ雑炊も絶品であった。

2017年3月25日 (土)

オバマケア

オバマケアの見直しを公約に掲げてきたトランプ大統領が支持を得られずトーンダウンした。日本では当たり前の公的医療保険制度。貧しくても最低限の医療を安価で受診できる制度であるが、アメリカではこのような制度がなく民間の保険に加入するしかないが、経済的な理由で加入できない人が4800万人ほどいるそうだ。トランプ大統領のような大金持ちには民間の医療保険に入れない人々の苦しみなど理解できないようだ。アメリカにとって良識ある選択だったと思う。

2017年3月24日 (金)

優先順位

サラリーマンで仕事の出来る人は、目先の諸問題の中でどれから取り組むのか優先順位を見極め、自分がすべきこと、他人に依頼指示すべきことなどの分担を瞬時にできる能力を持つ。「WBC決勝戦」「大相撲」「甲子園高校野球」「W杯アジア最終予選の日本対UAE」「森友問題」・・・NHKはどれを優先するか迷ったが、結局「森友問題」を最優先した。当然と言えば当然だが、NHKは総合とEテレとBSとBSプレミアムを持っているから何とか辻褄を合わせることが出来る。もしWBCで日本が決勝進出していたら、森友問題の証人喚問は印象が薄かっただろう。

2017年3月23日 (木)

証人喚問

今日は一日中森友学園の籠池理事長の証人喚問に終始した。非常に疑わしい答弁もあったし、大阪府知事に対する恨みつらみも語られていたが、ただ一つ感心したことが、答弁は終始堂々と淀みなく時には真摯に答えていた点だ。程度の悪いお飾り大臣よりは答弁ははるかに上手い。胡散臭い教育者よりはドロドロした政治家向きだ。壁面の安っぽい中国料理店のような色使いは別にしても、立派な校舎も出来たのに潰して更地にするのはもったいない。なんとか建物を利用できないものか?

2017年3月22日 (水)

WBC敗退

森友問題、韓国大統領弾劾問題、WBCで日本が燃えているどさくさに紛れて組織犯罪処罰法がしれっと閣議決定された。この法案が決まることで、盗聴、密告、冤罪など何かしら恐ろしい状況に突き進んで行くのかもしれない。WBC準決勝で日本が敗退し、国民の関心事は籠池理事長の証人喚問になって来た。胡散臭い籠池理事長の発言に注目が集まるが、こんなことで日本の政治が停滞するのが大問題だ。ここで相撲評論家能町みね子ブログによると、10年ほど前「籠池」と言う四股名(本名森友照明)の力士が阿武松部屋にいたが、脱走を繰り返し部屋を追い出され、その後も詐欺まがいの事をしていたとか。そもそも森友学園の創始者が森友寛。と言う事は籠池理事長は婿殿?いったいここの家族関係はどうなっているのか?

2017年3月21日 (火)

葬儀

昨日に続いて今日も京都に行った。悲しい別れがあった。昨年11月中ごろ親しく昼食の席を共にした友人が亡くなり、葬儀があった。私と同じ年齢であっただけにショックである。「また会いましょう」と言って別れても、二度と会えなくなるかもしれない。諸行無常と言うのか?人と接する時は「一期一会」の気持ちで接する大切さがこの年齢になってわかってきた。大変感動的な葬儀であった。

2017年3月20日 (月)

叙階式

カトリックの聖職者の上位にあるのが、上から順に司教、司祭(神父)、助祭である。今日その助祭が司祭(神父)に昇格する司祭叙階式に立ち会う機会があり、午前中京都まで行ってきた。卑近な例で言えば、歌舞伎役者の襲名披露か、落語の世界で二つ目が真打(師匠)に昇格するようなものだ。世界中に宗教は数々あり、信じる信じないは自由だが、宗教は何であれ、式典は凛として厳かなものだ。開始1時間前に行ったので座れたが、大盛況?で数百人の人は座れたが300人程度の人達は2時間あまり立ったままだ。申し訳なかったが、私だって高齢者だ。

2017年3月19日 (日)

マスク

平日の朝は「NHKニュース」を見て、朝日放送「おはようコール」、読売テレビ「朝生ワイドす・またん」を見るが、日曜日の朝はなぜかTBSテレビ番組を続けて見る。「時事放談」「健康カプセル!ゲンキの時間」「がっちり!!マンデー」「サンデーモーニング」・・・健康カプセルは非常に参考になる内容が多い。今日は花粉症PM2.5対策。最近のマスクは高品質だが正しいつけ方をしないとほとんど無意味なのだ。鼻の部分とあごの部分を顔にぴったりフィットさせるのがポイントだ。他にも帰宅時に上着についた花粉等を振り払い、あとは手洗いうがいの励行が大切。今週が花粉のピークだ”!

2017年3月18日 (土)

大相撲観戦

Dsc_0543

昨日大相撲観戦ツアーで大阪に行った。地元駅からバスに乗って、途中大阪城で梅林を見て、市内でちゃんこ料理を食べて、いざ!観戦。エディオンアリーナ(大阪府立体育館)は観客席がフラットなので後ろの席でもちょうどいい距離感で観られるのが良い。今場所は開始前から15日分すべてチケット完売と言う大人気で早期にネットで申込みしておいて正解だった。相撲観戦と言うのはコンサートライブと違い、いつでも入場OK、写真撮影も、飲食も、会話も、声援も、携帯使用も何でもありだ。相撲観戦は高齢者ばかりと思っていたら、意外と若い人や、子供連れや外国人も沢山いて熱気があふれていた。最良の一日だった。

2017年3月17日 (金)

ほぼ日

コピーライターの糸井重里さんが手掛けるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」の運営会社「ほぼ日」が東証ジャスダックに新規上場した。たかが新聞、株式上場するような企業なのかと思っていたら、関連したグッズの販売もやっていて、従業員70名程度で年商37億円と言うのは凄い。ほぼ毎日更新されている新聞?といえば私のブログもほぼ毎日更新されているが読者が微少なのが寂しい。

2017年3月16日 (木)

森友問題

朝から晩までニュースは森友問題。話がどんどん広がって、防衛大臣の資質まで問われているが、国民が聞きたいのは10億円の国有地が何でタダ同然になったかと言うその一点だ。いま日本が直面している北朝鮮の核開発、拉致問題の解決、中国の軍事的海洋進出抑止策、アメリカとの貿易問題、年金制度破綻に対する対策、待機児童対策などなどについて国会議員は真剣に議論してほしいのに、マスコミも含め籠池一家に翻弄されている。韓国はいま無政府状態だが、日本も大差ない。

2017年3月15日 (水)

国際化

平素は9時過ぎ就寝の健康ジジイの私も、WBC観戦で連日夜更かしをしている。連日日替わりヒーローが誕生してうれしい限りだ。「オランダ」にはソフトバンクのバンデンハークとヤクルトのバレンティン、「韓国」には元ロッテの李大恩や元ソフトバンクの李大浩、「キューバ」にはソフトバンクのデスパイネと元巨人のセペダ、「オーストラリア」には元ヤクルトのデニング、「カナダ」には巨人のマシソン、「メキシコ」には日ハムのメンドーサとレアード、巨人のクルーズ、「ベネズエラ」にはソフトバンクのスアレス、「プエルトリコ」には元西武のメヒアと元ヤクルトのロマン、「イタリア」には元オリックスのマエストリ・・・日本プロ野球も国際化したものだ。結局日本は6連勝と言う当初予想以上の素晴らしい結果を残して準決勝進出となった。大変めでたいことだが、ひとこと言わせていただくと、日本は完全「ホーム」の状況、すなわち相手国から見れば99%「アウェイ」である。という事は今度は日本がLAで今までの逆の環境になるという事だ。真価が問われるのはここからだ。

2017年3月14日 (火)

あほ

大阪への誘致を目指す2025年万博のテーマが「いのち輝く未来社会のデザイン」 だそうだが、経済産業省が作成した報告書の「関西弁版」が関西人を全くバカにしている。誰がこんなことを考えたのか?大阪弁は言葉はきついが、決して人を傷つけたり、憎しみを込めた言葉ばかりではない。「あほ」と言う言葉も標準語に訳すると「バカ」だが、関西弁の「あほ」には一種の愛情表現であったり、相手に敬意を払う場面でも使う。政府の人間は奇をてらうのではなく、まじめにまっすぐ仕事をしてほしいものだ。

2017年3月13日 (月)

声のイメージ

テレビニュースで外国人がしゃべった内容を日本の声優が吹き替えで話していることがよくある。トランプ大統領の声はいつもドラマで悪役を演じている声優が吹き替えている。フィリピンのドゥテルテ大統領も悪役の声で吹きかえられている。マスコミは声でイメージを良くすることも悪くする事も出来る。イメージ操作だ。ドラえもんの声として長年活躍されてきた大山のぶ代さんから水田わさびさんに替わったときや、サザエさんの磯野波平の声、永井一郎さんから茶風林さんに替わったとき最初は違和感があったが、慣れると普通になる。声のイメージと言うのは恐ろしい。

2017年3月12日 (日)

PCトラブル

3日間原因不明のパソコントラブル。ウィルスが入ったのか?あったはずのファイルが消えたり、ネットにつながらなかったり、とにかくかつてない苦戦をしたが、半日がかりでとりあえず復活。今日は外出をしても、花粉の飛散は「非常に多い」と言う予報だったので、家に引き籠って結果オーライである。大相撲、前売り券が15日分すでに完売とか。稀勢の里が順調に勝利。大関復帰を目指す琴奨菊も勝利。白鵬が破れて荒れる春場所。昨日大河ドラマの時代考証を担当された小和田哲男先生の話を聞き、「直虎」を興味深く観た。

2017年3月11日 (土)

彦根の街

車で彦根まで行ってきた。井伊直虎に関する大変興味深い講演があった。目から鱗の歴史を勉強した。開場は夏川記念会館と言う某高校の施設であったが、ここはあの安藤忠雄がデザインした建物で大変ユニークなつくりであった。講演の内容が大変素晴らしかったが会場が狭くて少々もったいない気がした。彦根は私個人的にも15年近く過ごした場所なので懐かしかったが、商店街はシャッター通りになってしまい当時の面影がない。町の中心が移動してしまったのだ。私が過ごした会社やマンションの建物は当時のまま残っていたが、火が消えたようでちょっと寂しい思いをした。

2017年3月10日 (金)

ディーラー

国道1号線栗東市上鈎と言う所に車のディーラーが集中している。日産、マツダ、ネッツトヨタ、ホンダにベンツ、アウディ、MINI、クライスラーが国道を挟んで競い合っている。近くにスズキ、ダイハツもある。何でこんな一か所にかたまってしまったのか知らないが、車を探している人には、「よりどりみどり」の場所だ。日本国民は、昔はみんな中流意識だったが、昨今は貧富の差が出てきて、二極分化しているようだ。

2017年3月 9日 (木)

天下分け目

天下分け目の戦いは関ヶ原か天王山か、京都の大山崎町と岐阜の関ヶ原町が争っているそうだ。争いと言っても双方の知名度アップのキャンペーンだが面白い。普通、天下分け目と言えば関ヶ原だが、ここ一番の勝負どころでは天王山と言う。天王山をめぐる山崎の合戦は明智光秀VS豊臣秀吉・・・この戦いは短期決戦で劇的であった。しかし関ヶ原の合戦は豊臣軍は劣勢で、しかも長期戦で徳川家康の勝利は読めていたのであまり面白くない。天下分け目は関ヶ原だが合戦としては天王山をめぐる山崎の合戦の方が面白い。プロ野球も優勝を左右する試合ではやはり天王山と呼ぶ。

2017年3月 8日 (水)

CMいろいろ

テレビの民放を見ているとCMが好むと好まざるとにかかわらず容赦なく流れてくる。面白いものや爽やかなものもあれば、不快なものも結構ある。そして何より我ら高齢者には、一体何の宣伝なのかわからないものも多い。特に多いのがゲームソフトと携帯通信各社と保険のCMだ。auとソフトバンクは面白いがドコモはつまらん!YモバイルとUQモバイルの違いが判らん!ゲームソフトの宣伝に至っては何のことやらさっぱりわからん!パナソニックは大金持ちだけを意識した生活実感のないCMばかりで我ら貧乏人をバカにしている。損保もソニー・アクサダイレクト・イーデザイン・チューリッヒの区別がつかない。生保もいいとこばかり訴求してリスクやデメリットは完全に隠しているのが不親切だ。

2017年3月 7日 (火)

先送り

寒気の影響でまた冬に逆戻りだ。もうスタッドレスタイヤは要らないかもわからないがタイヤ交換はもう少し先に延ばそうかと思う。日本国内では虚偽の報告や諸問題で学校認可が先送りになりそうな森友学園。森友学園問題と豊洲問題で大騒ぎしている間、金正男暗殺に伴う北朝鮮とマレーシアの対立激化で不穏な空気になって来た。昨日は日本の排他的水域ににミサイルが3発も飛んできた。この問題は先送りできない。米軍が日韓を全力で防衛すると言う言葉は力強いが具体的にどうするのか?中国ロシアはどう動くのか?経験したことのない事態に発展するかもしれない。

2017年3月 6日 (月)

町内会崩壊

高齢化と少子化、そして夫婦共働きの増加などで町内会の役員の高齢化や後継者不足などの課題が全国的に広がっている。私の住む地域でも町内会の役をする人がいない状況でこのままでは町内会自体が崩壊しそうだ。仕事が多すぎるわりに報いられない役職なのだ。役所からの情報誌の配布回覧、ゴミ拾い、清掃、草刈、地蔵盆、神輿、運動会、ふれあい祭り、慶弔手続き、婦人消防・・・こんなことを健康上の問題を抱える70代80代の高齢者がこなせるはずがないし、こんな町内会に参加する人が年々減り、町内会が機能しなくなってしまう。昨日も町内の総会があり、役員選出で揉めた。とりあえず仕事量を減らす事が先決だ。

2017年3月 5日 (日)

股関節

昔NHK教育テレビ、現在はeテレと言うが、昨日何となく「チョイス」と言う番組を見ていた。股関節の軟骨がすり減ったことでおきる「変形性股関節症」についての話。最近の医療技術の進歩で手術方法も進化している。そして何より予防のための体操など参考になった。今朝も「健康カプセルゲンキの時間」と言う番組で股関節の問題で転倒~骨折~寝たきり~認知症と言うスパイラルに陥らないような予防法についての話があった。私も他人事ではないが、内臓の病気と共に股関節の異常を抱えている高齢者が多いからこんな番組があちらこちらで放映されるのだろう。明日は我が身だ。

2017年3月 4日 (土)

フィレオ

ヒレカツと言えば私には上等なイメージがある。関西ではヘレカツと呼ばれることもある。フランス語のfiletからきているそうだが、マクドナルドに行くとフィレオフィッシュと言う商品がある。これは骨のない魚の切り身が入ったと言う意味だ。ギリシャ語でフィレオと言えば愛と言う意味がある。日本語では愛と言う言葉しかないがギリシャ語ではエロス、フィレオ、アガペなど多様な表現がある。不倫など情欲から生まれるのがエロス。友情とか親子愛とか理屈抜きに自然に生まれる感情がフィレオ。相手を信じて自ら選んで、病めるときも、健やかなる時も相手を愛するのがアガペ。神の愛と言うのもアガペだ。エロスやフィレオだけの夫婦は成り立たない。アカンベ~で、すぐ離婚と言う事になる。独りよがりの思い込みストーカー殺人とか簡単に子供を殺す若い親の精神構造が理解できない。

2017年3月 3日 (金)

PCウィルス

パソコンを開いていたらいきなり「windowsのセキュリティに問題があり、個人情報が漏えいする可能性があるからすぐにフリーダイヤルの番号に電話せよ」と言う主旨の怪しいメッセージがあった。うっかり電話するとなんだかんだでウィルスがパソコンに送り込まれるように誘導され、遠隔操作される事態になる詐欺広告らしい。警告画面の文章は文法的にちょっと違和感のある表現だったのでピンときた。きっと外国人ハッカーの仕業だろう。油断大敵。

2017年3月 2日 (木)

就活

テレビのニュースはどのチャンネルも金正男暗殺と森友学園疑惑とトランプ演説のニュースばかりだ。昨日から来春卒の就活が始まった。洋服のテレビ宣伝も活発だが、昨今の就活ルックはまるでお通夜に参列するような黒づくめだ。ストライプが入ったりカラフルなスーツでは服装だけで減点の対象になり面接に落ちるのか?私たちの時代は黒ではなく濃紺が圧倒的に多かった。それでもグレーもOKだったし、現在のような極端な黒一辺倒ではなかった。今は厳しい就職環境で学生も委縮し、無難な選択をせざるを得ないのだろう。問題は中身であることは言うまでもないが、私が企業の面接官ならば、茶髪やピアスやタトゥーは論外だが、あえて黒以外を着用する勇気に敬意を表したいし、清潔感があればそれで良いと思う。

2017年3月 1日 (水)

色の特許

色が特許になると言う変な話が進んでいる。トンボ鉛筆の消しゴムの「青・黒・白」、セブンイレブンの「白・オレンジ・緑・赤」の商標権が認められ、三井住友銀行、イオン、伊藤園なども申請中だそうだ。色の組み合わせなんて限られているし、いずれ行き詰まるだろうし、中国のように知的財産権や商標権など無視した、傍若無人で好き勝手に権利を盗んでいる国には通用しない話だ。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »