« ちゃんこ鍋 | トップページ | 4月のテレビドラマ »

2017年3月27日 (月)

奇跡の稀勢

昨日、大相撲で新たな伝説が生まれた。13日目日馬富士戦、土俵から転落して左肩に大けがを負った稀勢の里。本来なら残り2日間は休場して当然だったが、新横綱としての責任感と言うか力士としての本人の美学を貫いて満身創痍で強行出場。14日目は鶴竜に力なく敗戦。誰もがもうだめだと思い、無理をして傷を悪化させなければよいのにと心配した。千秋楽も解説の北の富士さんでさえ、勝ち目がないと発言されていたが、大方の予想に反して、本割で照ノ富士に勝ち、優勝決定戦でも執念の奇跡的勝利で見事2場所連続優勝を果たした。亡くなった恩人であり師匠の鳴門親方(隆の里)に対する思いもあったのだろう。ただ相手の照ノ富士も完全アウェイの中、膝を怪我し満身創痍なのに相手の横綱に対して堂々と戦ったのはあっぱれであった。感動を有難う・・・である。

« ちゃんこ鍋 | トップページ | 4月のテレビドラマ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちゃんこ鍋 | トップページ | 4月のテレビドラマ »