« あほ | トップページ | 森友問題 »

2017年3月15日 (水)

国際化

平素は9時過ぎ就寝の健康ジジイの私も、WBC観戦で連日夜更かしをしている。連日日替わりヒーローが誕生してうれしい限りだ。「オランダ」にはソフトバンクのバンデンハークとヤクルトのバレンティン、「韓国」には元ロッテの李大恩や元ソフトバンクの李大浩、「キューバ」にはソフトバンクのデスパイネと元巨人のセペダ、「オーストラリア」には元ヤクルトのデニング、「カナダ」には巨人のマシソン、「メキシコ」には日ハムのメンドーサとレアード、巨人のクルーズ、「ベネズエラ」にはソフトバンクのスアレス、「プエルトリコ」には元西武のメヒアと元ヤクルトのロマン、「イタリア」には元オリックスのマエストリ・・・日本プロ野球も国際化したものだ。結局日本は6連勝と言う当初予想以上の素晴らしい結果を残して準決勝進出となった。大変めでたいことだが、ひとこと言わせていただくと、日本は完全「ホーム」の状況、すなわち相手国から見れば99%「アウェイ」である。という事は今度は日本がLAで今までの逆の環境になるという事だ。真価が問われるのはここからだ。

« あほ | トップページ | 森友問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あほ | トップページ | 森友問題 »