« 枝の主日 | トップページ | 浅田真央 »

2017年4月10日 (月)

加齢黄斑変性

最近花粉症で目が痛いのと右の眼が飛蚊症のような症状なので眼科で診察を受けた。瞳孔を開く検査をして、幸い網膜剥離とか加齢黄斑変性とか言う症状もなく、眼圧も正常だったので一安心だ。目の傷を治療したりドライアイを防ぐ目薬と、アレルギー症状を緩和する目薬を処方された。加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて変化し、視力の低下を引き起こす病気である。網膜の中心部分が黄斑であり、加齢とともに傷みがちなので1年に1回くらいは検査を受けた方がよさそうだ。

« 枝の主日 | トップページ | 浅田真央 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 枝の主日 | トップページ | 浅田真央 »