« マクロン | トップページ | 文在寅 »

2017年5月 9日 (火)

ツバキ文具店

テレビドラマをいろいろ録画予約して観ているが、今回は刑事ものが集中しすぎていささか気が重くなってきた。「CRISIS」「警視庁一課9係」「警視庁捜査一課長」「緊急取調室」「4号警備」と続くとストーリーも出演者も混乱してくる。「リバース」「貴族探偵」も人が殺されるシーンが多く、一種の刑事ものだ。要するに刑事ドラマはセットもいらず安上がりで製作できると言う理由で作る側が安易に考えていると疑いたくなる。チョッと異色でホッとするのがNHKの「立花登青春手控え」と「ひよっこ」と「PTAグランパ」と「ツバキ文具店」だ。特に「ツバキ文具店」は小川糸の原作を読んだので興味深いし、多部未華子の演技がなかなか良く、心に響く良質のドラマだ。

« マクロン | トップページ | 文在寅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクロン | トップページ | 文在寅 »