« 葬儀 | トップページ | 勝負の世界 »

2017年7月11日 (火)

紳士服

最近は葬式ばかりで、礼服の出番は限定されているが、現在のものが老朽化してきたので、清水の舞台(現在工事中だが)から飛び降りる気分で新しいものを買うことにした。三浦友和・武井咲の「青山」か、東山紀之・上戸彩の「AOKI」か谷原章介・乃木坂46の「はるやま」か、結局「青山」で買った。漢字で書くと青山・青木・治山で何となく似ている。しかもこれら3社はやたらと「開店セール」「閉店セール」を繰り返しており、2着買うと3着目は無料とか半額とか、過激な値引きをするのも似ている。(値引きと言っても実際は定価を割高にしているだけだが)。なんで3社とも昭和の高度成長時代の販売促進策を未だにとっているのか不思議な業界だ。昔は紳士服店だったが、今は結構レディスも充実しているが、どの店も満員で混雑していることはあまりない。

« 葬儀 | トップページ | 勝負の世界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 葬儀 | トップページ | 勝負の世界 »