« 3横綱休場 | トップページ | 宮本慎也 »

2017年9月11日 (月)

10時10分

車で走っていると、自動車教習所の路上教習車によく出くわす。自分自身も若かりし頃、仮免とか本検定で恐る恐る運転した記憶がある。教習所内ではS字カーブとか直角カーブのクランクとかを走ったり、縦列駐車とか、坂道発進とか色んな課題があった。昔はミッション車ばかりでオートマチックなどほぼなかった時代なので、上り坂でのサイド合わせなどと言う特殊技能がテストされた。いくらオートマでも急な上り坂で発進する時車が後ろに下がらないか時々不安なときもある。それからハンドルの握り方は時計の針に例えると、昔は両手を10時10分の方向で握ると教えられたが、現在の教習所は決してそのようには教えていないそうだ。実際私が自分で運転する時は、9時15分か8時20分である。時代と共に常識が少しずつ変化して行くものだ。

« 3横綱休場 | トップページ | 宮本慎也 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3横綱休場 | トップページ | 宮本慎也 »