« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月30日 (木)

営業時間

昨今の人材不足の影響で、外食産業などが営業時間の変更を次々発表している。24時間営業を止める店、大晦日と元旦を休みにする店、元旦が休みの百貨店などなど本来の真っ当な姿に戻りつつあるのは喜ばしい事だ。私たちのライフスタイルを思うとコンビニも全店24時間営業などする必要はないし、都会と田舎は違うかもしれないが立地条件を考慮して考え直してはどうなのだろう?福島原発事故の時、節電しようと言う呼びかけに対して日本国民はそれぞれ工夫し節電が出来た。ネットショッピングだって、何でもかんでも通販に頼るのではなく、自ら足を運べば運送業界がパニックに陥ることはない。新幹線がリニアになり、自動車が自動運転になり、ドローンで物を運び、医学の進歩で延命が進み、技術の進歩が人間を益々窮地に追いやっているような気がする。織田信長が「人間五十年、下天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり。ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか」と詠んだ。      人間の一生は所詮50年にすきない。天上世界の時間の流れに比べたらはかない夢や幻のようなものであり、命あるものはすべて滅びてしまうものだと言う意味だ。今や人生100年時代だ。

2017年11月29日 (水)

ネット家電

北朝鮮が未明に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射し、日本の西側の排他的経済水域内に落ちた。Jアラートも鳴らず、またかと言う印象で大変な事なのに緊迫感がなくなってきている。★最近はIoT時代と言われている。将来的には身の回りにあるものすべてがネット接続される時代が来ると言われている。テレビやエアコンなどにネットをつないだ「ネット家電」は大変便利で最近一気に増えているが、それに対するサイバー攻撃がますますエスカレートしている。便利になればなるほどリスクが増える恐ろしい時代だ。我が家にだってネットのルーターがあるがパスワードを破られると家中のネット関連機器がパニックに陥る。アナログ時代が懐かしい。

2017年11月28日 (火)

値下げ見送り

日経新聞がこそっと大幅値上をした。朝刊だけで月額比較すると読売・毎日・朝日新聞が3093円、産経新聞3034円に対して日経は11月から4000円になった。印刷技術向上のための設備投資費用、配達人員の不足など理由は色々あろうが、なぜいまこのタイミングで9%も値上げするのか。殿様商売である。さらにひどいのはNHKが受信料値下げを見送ると発表した。昨年度200億円の余剰金を出し、NHK職員の平均年収が1800万円という別世界の厚遇なのに、視聴者に還元もせず、つまらない番組を垂れ流している。平均年収1800万円と聞けばNHKのアナウンサーみんなが憎く見えてくる。

2017年11月27日 (月)

相撲界の膿

大相撲は白鵬の40回目の優勝で幕を閉じた。おめでとうと申し上げたいのが普通だが、あの優勝インタビューはひどすぎる。今回の不祥事を力士代表としてファンに詫びるのはまだ良しとしても、相撲界の「膿」を出し切って日馬富士と貴ノ岩を再び土俵に上げてあげたいと言ったが、これはファンが言うべき言葉であって当事者が言うべき発言ではない。さらに白鵬は先日の嘉風戦で、負けた後、立ち合いが合わなかったと、土俵に潔く上がらず抗議をすると言う、横綱にあるまじき前代未聞の醜態をさらけ出し、白鵬自身が相撲界の「膿」であることを自覚していない。今回の暴行事件で関係者が苦しんでいる中、インタビューの最後に「館内の皆さん」と万歳三唱したが、暴行現場に同席していた本人が万歳するなど言語道断。こんな横綱は一日も早く土俵から消え去って欲しいものだ。

2017年11月26日 (日)

町内行事

今日は早朝より町内ごみ清掃。これで1年の主な町内行事は終わりのはずだ。我が町内はさらに高齢化が進み、前途が危うい。全国的に存在する町内会も存続の危機に瀕しているとか。祭りや行事を含め資料の回覧、ゴミ集積所の管理や防犯対策、高齢者の見守りなど、やることが多すぎて、特に人間関係の希薄な都会では、町内会を脱退するケースも増えていると言う。戦時中の「隣組」制度は今の共働きの多い社会にはそぐわない状況になって来た。神輿担ぎや運動会には他地区からギャラを払って参加してもらうケースもあるようだ。町内会を脱退する人には市の情報誌も配布されないし、ゴミ袋の支給もされないので生活ごみが捨てられない。今大災害が起こったら町内上手くやって行けるのか心配だ。

2017年11月25日 (土)

本番間近

バイオリン演奏会を2週間後に控えそろそろ本番間近。今日も合奏の音合わせに参加。少しだけ本気モードになってきた。団体演奏だし普通に弾けば問題はないと思うが、舞台に立ってスポットライトを浴びるとやはり緊張し、なかなか自然体と言うわけには行かないのが毎回の経験でわかる。平素は一日15分程度しか練習しないのに、今日は3時間ノンストップで練習をしたので、目がしょぼしょぼ、肩が凝り、指が攣り、疲れ果てた。

2017年11月24日 (金)

宗教改革

昔世界史で1517年はルターが宗教改革をしたと習った。しかしその中身と、改革の後どのようになったかと言う事は学校で習う事もなく現在に至っている。あれから500年である。1517年10月31日ドイツの神学者マルティン・ルターが「95ヶ条の論題」という文書を自身が神学者を務めるヴィッテンベルク城教会の扉に貼り出した。当時カトリック教会が発行・販売した罪の償いを軽減する「免罪符」に関して「金さえ払えば罪が許されるのか」と言う基本的な疑問と売上金の使われ方に疑問を抱いた公開質問状のようなものだったが何者かがこの文書を当時普及しつつあった活版印刷で大量に複製し、瞬くうちにドイツ、さらにはヨーロッパ全土に広がってしまって大事になった。結果色々あって、キリスト教が大きくカトリックとプロテスタントに分裂し今日まで尾を引いている。どちらを信じるかは自由であるが500年を機に双方が歩み寄ろうと言う動きがあるようだ。将来は神のみぞ知るである。

2017年11月23日 (木)

ブラックフライデー

日本は連日こんなに寒いのに、今日アメリカロサンゼルスでは真夏並みの33.9度を記録したとか。どうなってるのか?今日は部屋の模様替えついでに真冬対策を実施。冬には不要なものを押入れの奥にしまい、スッキリした。まだ冬用タイヤの準備は早いかもしれないが、11月だと言うのに北国は雪が降り、異常な天候が続く。明日は役所のバカどもが考えたプレミアムフライデーと言う得体のしれない日だが、イオンは「ブラックフライデー」と言う宣伝をしている。アメリカで毎年11月の第4木曜日の「感謝祭」の翌日をブラックフライデーと呼んでいる。お客さんが殺到して小売店が黒字になる日だそうだ。と言っても景気の悪い現在、消費者も賢い。「その手は桑名の殿様よ」。

2017年11月22日 (水)

皇室関係

皇室関係で2つのニュース。天皇陛下の退位と皇太子さまの即位に伴う新元号の施行時期が2019年4月30日~5月1日にほぼ決まった。秋篠宮家の眞子さまと法律事務所勤務の小室圭さんの結婚式が2018年11月4日東京帝国ホテルで行われることになった。新年号は予想してもあまり意味がないが、書きやすい漢字2文字の最初の字は「安」「光」「永」「和」「久」「友」あたりか?なぜならば明治・大正・昭和・平成のイニシャルM・T・S・Hと被らないようこれらを外すと、あ行・か行・な行・や行あたりからの選択になる。発表する時の官房長官はだれ?

2017年11月21日 (火)

ドラマと本

最近見ているテレビドラマ・・・「ドクターX ~外科医・大門未知子」「相棒 season16」「陸王」「コウノドリ」「科捜研の女 17シーズン」「民衆の敵〜世の中、おかしくないですか」「わろてんか」「トットちゃん」「水戸黄門」「赤ひげ」・・・医者ものは手術シーンは見たくない場面もあるが、人の生命にかかわるテーマは時として感動的だ。今読んでいる本・・・阿川大樹著「終電の神様」と佐藤正午著「月の満ち欠け」と陶山義雄著「ヘンデル・メサイア」である。メサイアは聖書の言葉を中心に53曲からなる大作で、44曲目のハレルヤコーラスは有名だが、これをヘンデルはわずか24日間で書き上げたのは恐るべきスピード仕上げだ。

2017年11月20日 (月)

5%OFF

イオンは20日、30日5%OFF、西友は5日、20日5%OFF。今日20日はどちらに行くべきか?迷った末に両方行った。イオンでは乾電池やセンサーライト、プリンタインクカートリッジなど購入し、西友では衣料品と食料品を購入した。さらにイオンでは株主オーナーズカードでさらに安く、西友ではウォルマートカードでさらに安い。近くにある西友は、営業を続けたままリニュアル工事をしていたが、いよいよ23日リニュアルオープンし、食品売り場も明るく買いやすくなり、2階は「百均」や靴専門店もオープンし、店のレイアウトもガラリと変わり、「主夫」としてはオープンが楽しみだ。

2017年11月19日 (日)

犬も歩けば

11月とは言え北風が冷たく、北国では雪が降っているようで、まるで12月の気温だ。「喪中はがき」がそろそろ届き始めたので、今日から年賀状作りを始めた。毎年自分用には「会社関係用」「親族用」「趣味の関係用」「学友用」「一般義理用」の5パターンを作っている。退職後は会社関係も一気に減るがそれも止む無し。プリンターインクも高くてバカにならないが、最近は薬のジェネリック同様、純正でないインクでも問題なく使える。年に一度の道楽でまあいいか。来年は戌年スヌーピーの年。「犬も歩けば棒にあたる」は本来「でしゃばると災難にあう」という意味であったが現在では「何かをしているうちに思いがけない幸運がある」という、反対の意味で使われているようだ。

2017年11月18日 (土)

お節

正月と言えばお節。デパートやスーパー、コンビニ、有名料亭など宣伝合戦も激しいが、最近はアマゾンや楽天、ジャパネットなどネット通販の攻勢が激しい。お節と言えば、必要なのは大晦日の夜。昔であれば店まで引き取りに行くのが普通だったが、もしネット通販に注文が殺到すれば大晦日集中で運送業はパニック必定。下手をすれば年内に配送が出来ず年越しお節になるかもしれない。ネット通販は便利だが、配達をするのは生身の人間だ。利用する側もその辺忖度しよう。

2017年11月17日 (金)

喜寿傘寿米寿

61歳は還暦、70歳は「人生七十古来稀なり」から古希、77歳は喜びの俗字が「㐂」なので喜寿、80歳は傘の字を分解すると「八と十」になるから傘寿、88歳は米の字を3つに分解すると「八十八」になるので米寿、90歳は卒の字の俗字「卆」の字を2つに分解すると「九十」になるので卒寿、99歳は「百」の漢字から「一」を引くと「白」になるから白寿、100歳は60歳が下寿、80歳が中寿なので上寿、118歳は「天」の字を3つに分解すると「一一八」になるので天寿。77を超えると寿寿寿寿・・・何がめでたい!

2017年11月16日 (木)

無事故

今日も寒い。10月が過ぎて11月を飛ばして12月になったようだ。京都で69歳の男が無免許運転で逮捕された。免許も取得せず50年間無免許運転していたそうだ。私も何だかんだで37年間ほど無事故無違反だが、このおじさんが50年間逮捕されなかったと言う事は、自損事故は別として無免許で無事故無違反であったと言う事になる。快挙だがとんでもない話だ。

2017年11月15日 (水)

コントローラー

2009年と言えば今から8年前、シャープアクオス32型のブルーレイ内蔵テレビを15万円で買った。シャープ全盛の頃、当時は画期的な製品であったが、今なら4Kでなければ同等品が30000円で買える。家電品は日進月歩、「十年一昔」ではなく「三年一昔」だ。そのテレビが今でもきれいに見ることが出来るが、最近コントローラーの調子がおかしいので買い替えようと思ったら5000円ほどかかる。テレビ本体が壊れていないが、5000円でコントローラーを買うのも馬鹿馬鹿しい。さてどうしようか?

2017年11月14日 (火)

日馬富士

横綱日馬富士が、10月26日の鳥取で行われた秋巡業後の酒席で、貴ノ岩をビール瓶で殴打し、脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いで全治2週間の怪我を負わせた。それから2週間以上経過してマスコミが騒ぎだしたから、親方と共に謝罪に赴いたそうだが、もしマスコミが騒がなかったらそのまま放置していたのか?しかも大相撲九州場所は何もなかったかのように粛々と行われて、当事者も普通に出場しているこの組織は異常だ。事情はどうあれ、これは横綱の品格以前に、殺人未遂事件だ。相撲界は一般社会の常識と違うのか?

2017年11月13日 (月)

人員削減

今後10年で三菱UFJが10000人、みずほが19000人人員削減すると発表した。デジタル化やIT活用で実現可能だそうだが、大企業は当然だが、削減する側の人間と、される側の人間がいる。削減後のそれぞれの人生は天と地の差がある。日産の不正だって結局は人員を削減して成果を求めた経営者の責任だが、犠牲になるのは削減される側であって現場の労働者である。、経営者は営業利益の拡大でぬくぬくと法外な報酬を受け取る。こんな世の中に誰がした?

2017年11月12日 (日)

皮膚の日

Dsc_0008


大阪梅田はすっかりクリスマス。そんなわけでオノボリサンは色々クリスマスツリーを撮影してきた。クリスマスが近づくと年齢に関係なくワクワクする。盆に寺に墓参り、正月に神社に初詣、2月にチョコレートと太巻きで大騒ぎ、10月にハロウィンで大はしゃぎ、そしてクリスマス。日本人は無茶苦茶だ。 11月12日は「いいヒフの日」と言う事で、「足の腫れとむくみ」や「アトピー性皮膚炎とストレスの関係」など皮膚についての講演が大阪で開催され、勉強をしてきた。

Dsc_0027

2017年11月11日 (土)

第9

寒波襲来!風が強く、今日からいきなり冬の寒さ。12月ももうすぐだ。12月と言えばクラシックコンサートがあちらこちらで催され、ベートーヴェンの「第9」、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」、ヘンデルの「メサイア」の人気が高い。朝日放送のドラマ「トットちゃん」で、生活が苦しい楽団員が、年末の餅代を稼ごうと帝都交響楽団のコンサートマスター黒柳守綱(黒柳徹子の父)が思いついたのが、ベートーヴェン「第9」の演奏会。「第9」は合唱があるので音大生を歌わせれば彼女たちの家族や友達が切符を買ってくれるのではないか、という思いつきだ。以来日本では年末=第9と言う図式になったそうだ。

2017年11月10日 (金)

新語流行語

12月1日に発表される新語流行語大賞の候補が発表された。「インスタ映え」「うんこ漢字ドリル」「AIスピーカー」「9・98(10秒の壁)」「共謀罪」「Jアラート」「忖度(そんたく)」「ちーがーうーだーろー!」「働き方改革」「ひふみん」「フェイクニュース」「藤井フィーバー」「プレミアムフライデー」「○○ファースト」「ユーチューバー」など30の候補がノミネート。私が選ぶとしたら「忖度」「ちがうだろー」「フェイクニュース」くらいだが、もしこれらが選ばれた時、だれが表彰を受けるの?佐川・元理財局長?籠池理事長?加計学園理事長?豊田議員?トランプ大統領?ちがうだろ~~。

2017年11月 9日 (木)

乱高下

今日の株式、売った買ったの丁半博打のような、乱高下で売買代金が5兆円近くまで膨らんだ。朝は買いが先行して日経平均株価は23382円と26年ぶりの高値になったが、午後になると売りが膨らみ、日経平均株価が一時22522円まで下げる乱高下。日中の値幅(安値と高値の差)は860円の乱れようであった。まるでバブル崩壊前夜のような動きだ。お金を持たない私はただ指をくわえて見ているだけ。今日一日で大儲けした人、大損した人・・・結局株なんて、儲けた人の裏で必ず損している人がいる。「丁半駒そろいました」どっちに転んでも儲かる証券会社は賭場の胴元のようなものだ。

2017年11月 8日 (水)

サザエさん

自宅菜園が殺風景なのでタマネギに引き続いてニンニクとサニーレタスの苗を植えた。★東芝が約48年続けた「サザエさん」の番組スポンサーを降板し「高須クリニック」が新スポンサーになるそうだ。昔は三菱電機「プロレス中継」、松下電器「水戸黄門」が有名だったがその後、出光興産の「題名のない音楽会」、塩野義製薬「ミュージックフェア」、日立「世界不思議発見!」、キューピ―「3分クッキング」など、最近は1社提供の番組はだんだん少なくなってきている。ネット社会でテレビ宣伝の効果が低くなっているのだろうか?

2017年11月 7日 (火)

ポン酢

ポンジュースという商品名は日本一になるようにという願いを込め名付けられ、後付けの理由としてPOMが柑橘系製品の英語表記なので、現在のPOMジュースに至っている。京都先斗町の名前の由来は諸説あるが、鴨川の西側に人家が建ち、ここが都の先端なので、ポルトガル語のポントから来ているからポント町になったとか。ではポン酢のポンはどう言う意味か?オランダ語で、柑橘類の果汁全般を表す「pons」(ポンス)という言葉があるが、これが日本に伝わってきた際に、「ス」に「酢」の字が当てられ、「ポン酢」という名称が誕生したとか。日本にポンが色々あるが、英語、ポルトガル語、オランダ語と国際色豊かだ。鍋の美味しい季節、鍋にはポン酢が合う。

2017年11月 6日 (月)

病院前の薬局

病院に行くと必ず門前に薬局がある。厚労省が進めてきた「医薬分業」の方針の結果こうなった。病院で薬を販売すると売り上げアップのため不要な薬まで処方し、患者が薬漬けになるのを防ぐのがその目的のひとつだった。しかしそれでも国の医療費負担が増える一方で、いま制度の見直しが行われている。一方、門前?薬局は病院の前に店を出せば客は次々転がり込んでくる、しかも保険収入なので集金のリスクもない。こんな安易な商売はない。病院前の薬局が潰れないわけだ。しかし私は最近病院前の、門前?薬局には行かず、スギ薬局、ツルハ、アオキなど近くの大手ドラッグに行く。ジェネリックを勧めるし、ポイントのメリットもあるし、ペットボトル1本サービスでもらえるし、親切丁寧である。門前?薬局もウカウカしていると明日がないかもしれない。

2017年11月 5日 (日)

接待ゴルフ

プロ野球日本シリーズ、9回同点の場面で寝た。4時間を超える熱戦だったようだ。朝起きたらソフトバンクがサヨナラ勝ち。ラミレス采配が当たり、DeNAが善戦したと思う。そして本日トランプ大統領が来日。いきなり霞ケ関カンツリー倶楽部でゴルフのラウンド。松山英樹選手が接待ゴルフ?忖度してわざとミスショットをするのだろうか?本人にとっては名誉なのか迷惑なのか?このあと「ダンロップフェニックストーナメント」や「ヒーローワールドチャレンジ」を控えて調子を狂わせなければよいが。

2017年11月 4日 (土)

レクイエム

一般的に音楽の中で長調は明るく短調は暗い。有名な交響曲の作曲者の作品のうち短調の占める割合を計算した人がいる。それによるとチャイコフスキーが6曲中5曲が短調だから、短調率?83%、ブルックナーが64%、メンデルメスゾーンが60%と多く、逆にモーツアルトが4.9%、ハイドンが5.7%、ベートーヴェンが22%と少ない。短絡的に言えばモーツアルトは長調の明るい曲が多いと言う事になる。にもかかわらず最近モーツアルトの「レクイエムニ短調」 ばかり聴いている。レクイエムは死者のためのミサ曲とか鎮魂歌と訳されるが、本来の意味はラテン語で安息を意味するそうだ。モーツアルトはこの作品の8曲目涙の日(ラクリモサ)を作曲した時点で亡くなり、9曲目以降は、弟子のジュスマイヤーが補作したそうだ。レクイエムは暗い曲だが数少ないモーツアルトの短調の名作だ。

2017年11月 3日 (金)

大津京

今日は文化の日。とは言え勲章をいただけるわけもないので、少しは文化的な事をしようと、大津市歴史博物館に行ってきた。大津京遷都1350年記念と言う中途半端な節目の「大津の都と白鳳寺院」と言う企画展に行った。667年近江に都が遷された。これが天智天皇の近江大津宮である。いわば滋賀県が首都になった歴史的な年だ。この時代の仏像や瓦など多数展示してあった。667年と言う年は語呂合わせのしにくい年号だ。語呂合わせで昔から有名だったのが、「いい国作ろう鎌倉幕府」の1192年であるが、最近は1192年ではなく1185年と教えられているそうだ。源頼朝は壇ノ浦の戦いで勝利し平家が滅亡した年が1185年。その年は源頼朝は諸国に守護・地頭を置く権利を得て、全国の土地管理権を掌握した年である。後に征夷大将軍に任命されたのが1192年。やはり1185年が妥当なのかもしれない。「いい箱作ろう」では語呂は悪いが。

2017年11月 2日 (木)

バブル

本日もまたまた晴天なり。1ドル114円の円安、日経平均株価が22539円のバブル?世の中は本当に好景気なのだろうか?全く実感がない。大企業は軒並み過去最高益を記録。その中で大企業の不正で日本の企業の信用が損なわれつつある。シャープ、東芝の経営の失敗、そしてタカタ、三菱自動車、日産自動車、スバル、神戸製鋼、等の不正など、株価の上昇など見せかけの好景気の中、メイドインジャパンは揺らいでいる。

2017年11月 1日 (水)

甲子園

本日もまた晴天なり。今日から11月。年末に向けて慌ただしいモードになる。今日は年賀状の発売日。そして流行語大賞、今年の漢字、国内外の重大ニュース、レコード大賞・・・色々あって年越しそば、紅白、除夜の鐘となる。今年は珍しく年賀状イラスト本を大枚480円払って買った。平成30年は戌年だ。年賀状もスヌーピーの絵柄のものがあったり、犬はデザインが豊富にある素材だ。もともと干支というのは十干(甲乙丙丁)と十二支(子丑寅卯)を順番に合わせたもので、2018年は「戊戌」(つちのえいぬ)となる。十干十二支の一番最初の組み合わせは甲(きのえ)の子(ね)で甲子(きのえね)となる。阪神甲子園球場は、甲子が一番最初で縁起が良いと言う理由でこう名付けられたそうだ。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »