« 演奏会リハ | トップページ | メサイア »

2017年12月 4日 (月)

喪中はがき

喪中はがきが十数枚ほど届いた。今までは父母がなくなったと言うのがほとんどだったが、今年は本人またはその配偶者がなくなったと言う悲しいお知らせが4通もあった。去年も2通あった。いずれも毎年年賀の挨拶を交わす親しい間柄だっただけにショックも大きい。今の若い人はほとんどメールやSNSで済ませるような内容を、昔は手紙や年賀状と言うアナログな紙媒体で連絡し合っていた。それでも、もし喪中はがきや年賀状がなくなったら「主人が(妻が)亡くなりました」とメールやLINEでいただくのはあまりにも空しいし寂しすぎる。そんな喪中はがきを手にすると苦楽を共にした友人、先輩、同僚との思い出がよみがえる。

« 演奏会リハ | トップページ | メサイア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 演奏会リハ | トップページ | メサイア »