« 羽生結弦 | トップページ | 教育と教養 »

2018年2月17日 (土)

羽生と藤井

今日は何といってもフィギュアスケート男子である。羽生結弦が金メダル、宇野昌磨が銀メダルの快挙!冬季オリンピック史上歴史的な1日になった。この種目のオリンピック連覇は66年ぶりの快挙だそうだ。66年前と言えば1952年。アメリカのディック・バトンと言う人が1948年スイスのサンモリッツ、1952年ノルウェーのオスロ以来の出来事だ。NHKがテレビの本放送を始めたのが1953年2月1日だから、ディック・バトンのライブ演技など日本人で見た人はほとんどいないはずだ。オリンピックの陰に隠れた感があるが将棋の藤井聡太五段が朝日杯将棋オープン戦で羽生善治竜王と広瀬章人八段に勝って史上最年少棋戦優勝を果たした。そして規定により昇段規定六段に昇格した。これも歴史的快挙だ。おそるべし藤井聡太。

« 羽生結弦 | トップページ | 教育と教養 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 羽生結弦 | トップページ | 教育と教養 »