« 教育と教養 | トップページ | カーリング女子 »

2018年2月19日 (月)

小平奈緒

スピードスケート女子500メートルで小平奈緒が36秒94で金メダル獲得。金メダルを取ることが期待されていた選手にどんな重圧がかかるのか本人でないから計り知れないが、価値ある金メダルだ。地元開催で銀メダルに終わった韓国の李相花をレース後に慰めた小平のスポーツマンシップは感動的で爽やかだった。小平奈緒は羽生結弦と共に国民栄誉賞が検討されるかもしれないが、政治的意図のあるこんな賞を与えると結局受賞者は委縮し、本来の活躍が制限されてしまう。政治家はこんな賞の乱発で自らの失政を誤魔化そうとするのはいい加減にやめて欲しい。

« 教育と教養 | トップページ | カーリング女子 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育と教養 | トップページ | カーリング女子 »