« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月30日 (月)

バッテリー

最近スマホのバッテリーが減るのが早い。原因はわからない。Ymobileのショップで色々聞いてみたが明確な答えは聞けなかった。とりあえず使わないアプリをアンインストールしてもあまり変わらないので、最近よく使うSpotifyのアプリを今日一度アンインストールして見て様子を見ることにした。東京ヤクルトスワローズが読売ジャイアンツに3連敗して気分がすぐれない。4月5月はツバメが飛び交い、鯉のぼりが泳ぐ季節。広島カープは強いのにスワローズはなぜ弱い?自棄ビールでも飲んで「コンフィデンスマンJP」でも見て寝よう。

2018年4月29日 (日)

夏野菜

好天が続く今日、夏野菜を少し植えた。キュウリ・トマト・ナス・ピーマン・ゴーヤ各2本づつ。アオジソも1か所に集め、カボチャはプランターに植えた。夏本番だ。後は植える場所がないので、場所が空くまでとりあえず植木鉢に植えた。昼から近くのスーパーに買い物に行ったがいつもの日曜日と違い、道路が空いていた。皆さん里帰りなのか、旅行なのか知らないが、車がぐっと減った。テレビでは例の如く新幹線や高速道路や空港の混雑を伝えている。こんなニュースが流れているときは平和だと言う事だ。

2018年4月28日 (土)

左耳

昨年あたりから歳のせいか耳が聞こえにくくなった。ドラマを見ていても重要なセリフがささやき声だったりすると聞き逃してしまうので、テレビはいつも字幕にして見ている。昨日の健康診断でも聴力検査で左耳で特に高音が聞き取れてませんと言われた。これではまるで「半分、青い」の楡野鈴愛ではないか。(そんなにエエもんか!)まあ別に生活に支障はないし、薬を飲んで治るものでもなさそうだし、騙し騙し過ごすしかなさそうだ。バイオリンが良くないのだろうか?確かに左の肩に楽器を載せて左耳のすぐそばで音を発するから悪いのかもしれない。歳を重ねると色々出てくるもんだ。

2018年4月27日 (金)

南北会談

韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が南北首脳会談を板門店軍事境界線で行った。この後米朝会談が予定されている。北朝鮮に騙され続けている日本は拉致問題が解決されない限り金正恩は信用できないが、今回の変化の中で日本だけが蚊帳の外に取り残されているような気がする。それでも日本は森友・加計・財務省セクハラ・民進希望の合流・離党・・・なにやら政治家が国民を置き去りにして騒いでいる。本日健康診断を受診して、明日からゴールデンウィーク突入。「サンデー毎日」の私には浮かれた気持ちはない。

2018年4月26日 (木)

バリウム

人間ドックや健康診断で一番嫌なのが胃部X線検査、すなわちバリウムによる検査だ。前日の絶飲絶食、発泡させておいてゲップするなと無理難題、甘くて気持ちの悪い白い液体、こんなもの飲めるか!いま、この検査が疑問視されている。メリットよりリスクが多すぎるのだ。それを知っている医者はほぼ受けないそうだ。バリウム検査だけでは胃がんや食道がんは発見できないそうだ。胃に不安があれば胃カメラによって検査する方が手っ取り早いし精度も高い。また、最近では胃がん発症者はピロリ菌を保有していることがわかっており、ピロリ菌を駆除すれば胃がんにかかる可能性はほとんどないといわれている。そのためピロリ菌検査をすればよいと言う医師も多い。しかもバリウムによる検査はX線の被ばく15~20ミリシーベルトと量が胸部検査よりはるかに高い。結局はこの検査によって利権を得ているレントゲン技師や検診業者、バリウム製造メーカーなどの為に厚労省が継続していると言われている。明日は健康診断を受診する。ただしバリウムによる検査は拒否する予定である。その分値引きしてくれるのだろうか?

2018年4月25日 (水)

ケニア

アフリカのケニアと言えばサバンナ、大自然、ゾウやライオンなど野生動物、バラクオバマの父、マラソンのワンジルなど貧富の差の激しい農業国と言うイメージだが、今は少し違ってきた。エムペサ(M-Pesa)と言う仮想通貨が普及し、国民の大多数が銀行口座を持たず、スマホや携帯電話をもち、送金、日々の支払い、給与払いなどほとんど仮想通貨エムペサで行っているらしい。ある意味日本以上にITが普及しているのである。私などスーパーやコンビニで買い物をするのに、大抵は、未だに現金払いをしている。グローバルに視野をひろげれば、世界は大きく変化しているのだ。

2018年4月24日 (火)

衣笠祥雄

2215試合連続出場で「鉄人」と呼ばれた衣笠祥雄さんが71歳で亡くなった。1987年には国民栄誉賞も受賞された。国民栄誉賞は 「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの」に与えられる賞で、衣笠さんはそれに十分値する活躍をされた。ただこの賞の受賞基準が曖昧で、落ちぶれた政権の失政誤魔化しのために乱発されるようになってしまった。森政権時の高橋尚子はオリンピックで一度金メダルを取っただけで受賞。なでしこジャパンには別に恨みがあるわけではないが、菅直人政権時、団体として受賞したが、たかがワールドカップで一度優勝しただけで、そのメンバーの顔や名前すら知らないのにどうやって敬愛すれば良いのか?いったいどんな希望を与えてくれたのか?また黒澤明、遠藤実、森繁久弥や横綱大鵬の様に没後受賞してもあまり意味がないようにも思う。羽生結弦に国民栄誉賞をと言う話もかなり批判的な意見も出ている。本人の為にも彼がスケートを引退してから検討しても良いと思うのだが。衣笠さんのご冥福を祈ります。

2018年4月23日 (月)

夏野菜

明日は雨になりそうだが、黄砂や花粉などであまり車が汚れているので軽く水洗い洗車をした。昨日の草刈の後遺症で足腰が痛いが、本日、夏野菜第1号!カボチャとキュウリとミニトマトの苗各3本植えた。今は夜盗虫が大敵だ。ゴールデンウィークあたりをめどにピーマン、ナス、ゴーヤなど続々と植えたいが、現在タマネギとジャガイモ、ニンニクなどが畑を占拠しているのでそれらを収穫するまで場所がない。例年通りしばらくは植木鉢かプランターで育てて、大きくなったら地面に植え替える予定だ。いよいよ夏到来!本日ようやくガスストーブ3台を掃除して押入れにしまいこんだ。

2018年4月22日 (日)

くたびれた

 くたびれた!朝からボランティア?で休憩含めて3時間の草刈。今日は真夏の暑さ。まだ体が暑さに慣れていないのでキツイ。午後は夏野菜を植える準備で畑仕事。土を耕し、鳥よけネットも張って準備万端。野菜の苗もそろそろ出回ってきたので近日品定めに行こう。昼間NHKで羽生結弦の祝賀パレードを放映していたが、何か違和感がある。何でこんなものを天下のNHKが流すのか?オリンピック2連覇したのは立派だが、視聴率を稼ぐためとはいえ、公共放送で流すような内容ではない。民放同様マスコミは最近何か狂っている。ネット社会はスキャンダルやフェイクニュースをどんどん垂れ流す。結局は信じられるのは自分の眼力だけだ。

2018年4月21日 (土)

午後の紅茶

気温30度の暑さの中、車で工場見学に行ってきた。キリン午後の紅茶見学である。製品のネーミングの薀蓄やら、スリランカの茶葉の種類やら、ペットボトル容器の成形、製造過程、賞味期限の印字方法など見てきたがなかなか興味深かった。綺麗な工場で、お土産は希望のペットボトル3本。帰路多賀大社にお参りをして、昼食は307号線沿いのマーガレットステーションで弁当を買って食事。暑いのでジェラートも食べた。あちらこちら走って走行距離が99.9キロ。100キロまでに100m不足した。暑さで疲れた。キリン一番搾り「滋賀づくり」でも飲んで寝よう。

2018年4月20日 (金)

ドラマ録画

「西郷どん」「半分、青い」「PTAグランパ2」以外にもいろいろドラマを見ている。「シグナル」(坂口健太郎・北村一輝・吉瀬美智子)、「特捜9」(寺尾聡・井ノ原快彦・羽田美智子)、「警視庁捜査一課長」(内藤剛志・安達祐美・塙宣之)、「未解決の女文書捜査官」(波瑠・鈴木京香・沢村一樹)、これらの刑事もの全部見ているが役者やストーリーが混乱してきてお手上げだ。殺人事件で毎週ドラマで何人殺されるのやら。おまけに「コンフィデンスマンJP」「正義のセ」、さらに「鳴門秘帖」「やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる」「ブラックペアン」も見ようとしている。録画が貯まり過ぎて借金返済に追われているような気分だ。

2018年4月19日 (木)

ハラハラ

福田淳一財務事務次官がセクハラ行為で辞任。それでもこの期に及んで自らの疑いを否定。じゃあなぜ辞めるのか?往生際が悪い。新潟県の米山隆一知事も女性問題で辞任。東大医学部からハーバード大、医師で弁護士の超エリートもパーフォーマンスばかりの目立ちたがりでちょっと変な奴。セクハラ、パワハラ、マタハラ、モラハラ、アルハラ、カラハラ・・・ハラハラする世の中だ。マスコミには他にもっと報道することはないのか。

2018年4月18日 (水)

オープン

24時間営業のディスカウントスーパーがオープンしたので行ってきた。駐車場は満車、店舗入場も「最後尾」看板に並んで入場。オープニングなので激安目玉品も多く、押すな押すなの盛況であった。レジ担当者も人手不足のにわか対応のようで、スピード感もなくプレッシャーの中大変だったはずだ。またいつも利用している図書館も、システム変更後今日が久々オープンで、窓口にはあまり見慣れないシステム担当者らしき人も立っていた。ホームページも一新され慣れるまで時間はかかりそうだが、パスワード変更登録も完了して、またいつも通り利用できそうだ。

2018年4月17日 (火)

イーゴス108

日曜日のドラマスペシャル沢村一樹主演の「CHIEF警視庁IR分析室」は面白かった。と言うか、かつて滋賀県の琵琶湖大橋のたもとにあった大観覧車が現在はベトナムで再利用されているが、その観覧車がストーリーに絡んでいて興味深かった。この観覧車の名前は「イーゴス108」。「びわ湖タワー」と言う遊園地の目玉アトラクションであったが2001年閉園した。ただこの遊園地の社長の思い入れで、この観覧車のメンテナンスを怠らなかったので、それが2013年海を渡ってベトナムのダナンで「SUN WHEEL」という名前で今も活躍しているのだそうだ。なぜイーゴス108と言う名前なのか、それは高さが108mあったからだ。すごい。

2018年4月16日 (月)

内閣支持率

直近の世論調査で内閣支持率が急激に下がってきた。NHK38%、共同通信37%、朝日31%、NNN26%である。景気も良くならず、拉致問題も解決できず、北朝鮮問題では蚊帳の外、国内では森友加計疑惑、役人の不祥事など、答弁もしどろもどろ、下がって当然だが、それでもまだ、ましな数字だ。消費税導入とリクルート疑惑の竹下内閣や、森内閣は10%を切ったことがある。宇野内閣は自らの女性スキャンダルで就任後即退陣。俗に「30%台で黄信号、20%台は危険水域、20%割れで退陣」といわれる。麻生内閣(18%)、鳩山内閣(17%)、菅内閣(14%)と20%を切ったところで退陣に追い込まれている。危険水域の安倍総理、なにやら最近バタバタと悪あがきを始めたのが気になる。

2018年4月15日 (日)

ケチと始末

最近の私の洋楽鑑賞はもっぱらSpotify無料版で聴いている。途中CMは入るが月額980円のプレミアム版はもったいないので無料版で我慢している。それでも聴きたい曲は何でも聴けるので重宝だ。スマホからBluetoothでコンポに飛ばして聴くが音質はほぼ満足だ。テレビもCMで「WOWOWに入ろうかな」と盛んに柳楽優弥が勧誘するが、もったいないのでNHKBSプレミアムで我慢している。LINEも欲しいスタンプがあるが買うのはもったいないのでポイントをコツコツためて手に入れている。新刊本も図書館で調達し、ガソリンも食品も安売りで買い、貧しいケチケチ人生を送っている。朝ドラ「わろてんか」でごりょんさんが「ケチ」と「始末」とは違うと家訓を説くシーンがあった。日々無駄遣いをなくし、ここ一番でババンと生きた金を使うのが「始末」の極意なのだそうだ。でもやっぱり私はただの「ケチ」なのだ。

2018年4月14日 (土)

図書館

15時過ぎ、愛知県で震度4。我が家も少し揺れを感じた。★ビンボーで本が買えないので図書館に依存しているが、地元の図書館がシステム変更のため10日間ほど休んでいるので、今読む本がない。そんなわけでテレビばかり見てグータラ生活を送っている。プロ野球放送と、4月の新作ドラマなど見たいものは山ほどあるが、どれを本格的に見るか現在調整中である。ただNHKBSで大谷翔平の出るエンゼルスの試合には釘づけである。野球漫画のような大活躍はいつまで続くのやら?

2018年4月13日 (金)

ガソリン安

今日は近所のガソリンスタンドの月に2度ある安売り日。近隣の店より8円ほど安い1L134円であった。ハイブリッドや電気自動車ではないので少しでも安く買いたいのは誰も思う事。今日はスタンド入口がかなり混雑していた。世間はやっぱり今も景気はよくないのだ。これで2019年10月消費税10%になったらますます景気が悪くなるだろう。いくら税収が増えても1年以上「森友」「加計」問題に終始し、足の引っ張り合いで政治が全く停滞してアホな政治家の保身合戦につき合わされる国民は堪ったものではない。

2018年4月12日 (木)

ヘバーデン結節

花粉の飛散もそろそろピークが過ぎ、一安心だ。年齢と共にあちらこちら問題が出てくる。最近左手小指の第1関節が曲がって、少し腫れてきた。ヘバーデン結節と言う原因不明の病気らしい。指の第1関節に症状が出るのがヘバーデン結節で、第2関節に出るのが      ブシャール結節と言うそうだ。原因は洗剤の界面活性剤または食品の砂糖だと言う説もあるが定かではない。バイオリンを弾いていても小指が使いづらいので厳しい。この症状は皮膚科なのか?整形外科なのか?緊急性のない症状だが、一度医者に行ってみよう。

2018年4月11日 (水)

シスターボーイ

1960年代半ばNHKのバラエティ「夢であいましょう」には黒柳徹子、谷幹一、渥美清、EHエリック、岡田真澄、永六輔、中村八大、坂本九、梓みちよ、田辺靖雄、九重佑三子、北島三郎、ジェリー藤尾、中嶋弘子などそうそうたるメンバーが出演していた。この番組で聴いた丸山明宏(現在の美輪明宏)の「ヨイトマケの唄」は衝撃的だった。丸山明宏はシャンソン歌手であり、シンガーソングライターの元祖のような存在だ。そんなスタイリッシュな丸山明宏が労働者の苦しみを歌ったのは今までと全く異質な歌だったので驚いた。当時、女性のような態度、容姿の青年は「シスターボーイ」と呼ばれたが、美貌の?丸山明宏はまさに「シスターボーイ」の代表としてある意味偏見を持って見られた。その後出てきたピーター(池畑      慎之介)や美川憲一も異質なタレントであったが、現在では美しくなくてもオネエタレントとしてマツコデラックス、はるな愛、尾木直樹、IKKO、ミッツマングローブ、おすぎ、ピーコらは市民権を得ている。先月NHK      BSプレミアムで『弟の夫』と言う同性婚やゲイというセクシュアリティについて取り上げたドラマが放映されていたので見た。元大関把瑠都がなかなか良い演技をしていたが、日常に潜む差別の存在や、何が普通で何が普通でないのかを考えさせられた。そして多様性とそれを受け容れることの必要性が描かれた良いドラマだった。

2018年4月10日 (火)

ハリルホジッチ

サッカーワールドカップ開催2か月前に突然監督の交代劇。一体何があったのか関係者しか知る由もないが、驚いた。1992年以降日本チームは多くの外国人監督を招聘してきた。1992年オフト(オランダ)、1994年ファルカン(ブラジル)、1995年加茂周(日本)、1997年岡田武史(日本)、1998年トルシエ(フランス)、2002年ジーコ(ブラジル)、2006年オシム(ボスニアヘルツェゴビナ)、2008年岡田武史(日本)、2010年ザッケローニ(イタリア)、2014年アギーレ(メキシコ)、2015年ハリルホジッチ(ボスニアヘルツェゴビナ)、2018年西野朗(日本)・・・外国人とは微妙なコミュニケーションがとりにくいデメリットもあるがグローバルな知識と経験と技術も必要だ。プロ野球でも現在のラミレス(DeNA)、かつてのコリンズ(オリックス)、ヒルマン(日ハム)、ブラウン(広島と楽天)、レオン(オリックス)、バレンタイン(ロッテ)、ブレイザー(阪神)、ルーツ(広島)などがいた。言葉は通訳を通せば問題ないし、ファイティングスピリッツを注入するとか、既成概念にとらわれない若手の起用とか外人特有のメリットもある。部外者にはわからない、今回の交代劇だ。

2018年4月 9日 (月)

島根県震度5強

真夜中の1時37分島根県で震度5強の地震発生。我が地方も震度2だったが、爆睡していて気が付かなかった。もう一つの衝撃は大谷翔平がアスレチックス戦で投手として投げて7回1アウトまで完全試合ペース。結局7回1安打12三振の快投でまたまたメジャーファンを震撼させた。開幕前酷評していたアメリカマスコミも手のひらを返したように絶賛。マスコミの横柄な態度、不都合なことは隠す姿勢は日米共通するが、地元メディアの酷評していたキャスターが謝罪している映像は好感が持てた。大谷フィーバーもいつまで続くかわからない。各チームとの対戦が一巡したところで相手も黙っちゃいない。それにどう対応するのか今後が注目だ。

2018年4月 8日 (日)

京セラドーム

一昨日、知人からプロ野球阪神VS中日戦のチケットをいただいたので今日、京セラドームに行ってきた。ジョーシンで家電品の買い物をしたらもらったけど当日行けなくなったとの事でタナボタのラッキーな、いただき物だ。私はヤクルトファンでどちらを応援するわけでもなかったが、さすが一塁側の熱狂的阪神ファンに囲まれた席だったので、今日は「にわか」阪神ファンになった。逆転また逆転の面白い試合であった。阪神ファンはとにかく熱い。それでもドームのグッズ売り場でひっそりヤクルトグッズを買った。今日もヤクルトは巨人に勝って、広島と並んでひっそり首位だ。

Dsc_0021

2018年4月 7日 (土)

花冷え

桜も散って葉桜状態なのに今夜は西高東低の冬型の天気。3月と5月が交互に来ている感じで体調もおかしくなる。冬物ダウンやセーターは洗濯済で洋服ダンスや衣装ケースにしまいこんでしまった。今日明日は重ね着で何とか凌ぐしかない。片付けた電気アンカも再登場した。★エンゼルスの大谷君は今日も3試合連続となるホームランを打ってすっかりアメリカのファンを虜にし、チームにも馴染んできたようだ。日本のプロ野球も広島と西武の開幕ダッシュで盛り上がっているが、寒さや強風の不順な天候で、ドーム球場でない試合は選手も観客も大変だ。寒の戻り?余寒?花冷え?・・・お疲れさんです。

2018年4月 6日 (金)

土俵

保守か改革か、古今東西いろんな場面で遭遇する対立の構図だ。どちらが正しいか後の世にならないと判断できない。大相撲の春巡業で、土俵上でのあいさつ中に倒れた舞鶴市多々見市長を救命中の複数の女性に対し、土俵から降りるよう場内アナウンスがあった問題で、いま改めて土俵上への女人禁制が問題になっている。今回のような人命にかかわる事態の中、救命にあたる人の性別について論じるのは論外だ。今日の大相撲は力士もグローバル化し、スポーツ格闘技の要素が強くなってきている。昔男子しかやらなかったスポーツも、今や女子柔道、レスリング、野球、サッカーなど女子の進出が目覚ましい。大相撲をスポーツと考えるのか神事と考えるのかその解釈が曖昧だからいろんな問題が起こる。現在の大相撲の結果をNHKやマスコミはスポーツニュースで流している。もし、相撲をスポーツと考えるのであれば、土俵の女人禁制は解除すべきだ。逆に大相撲は神事すなわち宗教行事だと考えるのであれば、その伝統を守る組織の中で外国人は一切排除し、テレビ放映など拒否し、別な組織で原理主義的に粛々と伝統を守り続ければよい。

2018年4月 5日 (木)

住所でポン

6月に高校3年時のクラス会をしたいと言う連絡が幹事さんからあり、楽しみだ。当時のクラスは確か全員で47名だったと思うが、幹事さんの尽力でほぼ全員の連絡先を探し当てたのは素晴らしい快挙だ。そのノウハウを聞いてみた。まず学校に行ってクラス会をしたいので名簿を閲覧したいと訪問したが個人情報保護の観点から、3名の申請人が必要で3名の本人確認の末名簿がコピー出来たとか。それでも連絡先不明者が10数名いたので、彼らが進学した大学にも問い合わせてさらに絞り込み、あとはFacebookとLINEを駆使して探し当てたそうだ。物故者も2名いたそうだ。私は人探しをするときインターネット電話帳「住所でポン」 を使う。およその住んでいる地域から住所名前電話番号がある程度特定できる。それにしてもクラスのほぼ全員の連絡先を突き止めた幹事さんはやっぱりエライ!

2018年4月 4日 (水)

二刀流

大谷翔平が現地時間3月29日メジャー初安打、4月1日メジャー初勝利、そして4月3日メジャー初本塁打、短期間でこれだけ成し遂げ、まるで野球漫画のような二刀流の大活躍で、アメリカの野球ファンも勝ち負けとは別に、新しい野球の楽しみ方を知った歴史的な一日だった。高校野球は大阪桐蔭が智弁和歌山に勝って春2連覇の快挙。優勝候補と言われて優勝するのは真の実力がある証拠だ。今年の甲子園は見どころが多く、滋賀県勢も膳所、彦根東、近江の3校が出場し、素晴らしい大会であった。特に彦根東の左腕増居翔太が花巻東戦で、9回まで無安打無失点の好投をしたのは特筆すべき快挙だった。

2018年4月 3日 (火)

鹿野大仏

東京都日の出町と言う所にある曹洞宗宝光寺に大仏がお目見えした。あまり土地勘はないが、東京と言っても奥多摩で、「小遊三の大月」と「たい平の秩父」の中間あたりか?大きさから言えば奈良の大仏は15m+台座3mで18m、鎌倉の大仏11m+台座2mで13m、そして今度出来た大仏は11m+台座3mで14mだから鎌倉より大きい。総工費4億円!どこからこんな金が出てくるのか?大きけりゃいいと言うものでもないが新名所になりそうだ。大仏の名前は寺の裏山の名前から「鹿野(ろくや)大仏」と呼ぶそうだ。

2018年4月 2日 (月)

健康診断

エンゼルスの大谷翔平が今朝アスレチックス戦で投手デビューし、初登板、初先発、6回3安打3失点で初勝利をあげた。とりあえず二刀流デビューを果たしたのは立派!★健康に自信があるわけでもないが特に不安もなかったので放置していたが、退職後一度も健康診断を受けていなかったので今年はぜひ受けようと本日病院に申込みに行った。4月末あたりに空きがあったので早速申し込んだ。一般検診だけでは不十分だが受けないよりはましだろう。

2018年4月 1日 (日)

衣料品整理

スギ花粉の次はヒノキ花粉なのか、連日目がかゆく、鼻づまりで気が重い。今日はそんなわけで自宅に引きこもり、衣料品の夏冬入れ替えなど大掃除をした。買ってから一度も着ていない未開封の下着や靴下や衣料などがあったのでシーズンごとに整理した。それでもシーズン一度も着ない衣料品が結構あるものだ。捨てるのも惜しいが着ることはまずないと思える物があり、近日思い切って廃棄処分することに決めた。歩数計を見たら本日の歩数は1000歩未満であった。

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »