« PTAグランパ | トップページ | 西城秀樹 »

2018年5月16日 (水)

アメフト

今月行われたアメリカンフットボールの試合で、日本大の選手が過度な反則となる危険なタックルをして、相手の関西学院大の選手を負傷させた問題、これは選手の自分の意志で行ったのか、それとも誰かの指示で行ったのか謎が多いが、無防備な人の背後から猛タックルを行う行為はサッカーのレッドカードやスポーツの激しいぶつかり合いとは別次元のまさに傷害事件だ。どうしても比較してみたくなるのが白鵬の肘打ちと勝負が決まった後のとどめのダメ押しである。非難を浴びで協会から注意を受け今のところ自重しているが、優勝が懸かってくると身についた癖はそんなに簡単に治らないと思うのだが。

« PTAグランパ | トップページ | 西城秀樹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PTAグランパ | トップページ | 西城秀樹 »